震度7に60回耐えた家
5,115ガル、231カイン 驚異の耐震性。

想定外を想定した、強さ。

安全について、想定外はあってはいけない。
自然界では到底起こりえない、過酷な条件で耐震性を検証。
あらゆるタイプの地震動に対して、安心安全な住宅を目指しています。

すべての震災で全・半壊ゼロという事実

三井ホームは設立以来、
地震の揺れによる全・半壊は1棟もありません。
過去3つの大きな震災において全棟調査した結果、
躯体損傷はほとんど無く、
家具等の転倒も少ないことから、揺れにくく、
優れた耐震性を有した構造であることを
改めて実証しました。
これらの報告書は関係省庁にも提出され、
一般公開もしています。

進化した木造壁工法、プレミアム・モノコック構法。

プレミアム・モノコック構法は、長年積み上げてきた三井ホームの技術を進化、結集した構法です。
圧倒的な耐震性を有するモノコック構造に加え、優れた断熱性と高い構造耐力を両立させた
屋根の断熱構造材「ダブルシールドパネル(DSP)」、
継ぎ目が無く災害にも強い外壁「ブロック・アンドシームレスウォール(BSW)」、
従来の約2.67倍の鉄筋量を配した超剛性ベタ基礎「マットスラブ」を採用し、
一般的な枠組壁工法をはるかに凌ぐ強さと高い居住性能を発揮します。

更なる安全と安心を。

次世代制震技術「バックス(VAX)

免震システム「M-400」

特殊ダンパーを有する制震デバイスを室内側に設けることで上層階への揺れの伝播を熱エネルギーに変換・抑制し、建物の揺れを低減します。

基礎と上部構造の間に、ボールベアリング支承とオイルダンパーからなる免震装置を取り付け、地震の揺れを吸収し、家具の転倒などから大切な生命と財産を守るシステムです。

※VAXは、Vibration Absorbing Xbar(バイブレーション・アブソービング・クロスバー)の頭文字です。

※お客様のご希望プラン・地域・敷地・地盤条件等により対応できない場合があります。
詳しくは営業担当にご確認ください。

独自技術で極まる、優れた耐火性。

消防士は、木造より鉄骨住宅の火災を恐れています。
鉄骨は、550℃を超えると急速に強度が低下し、
崩れ落ちる危険があるからです。
三井ホームが構造材に使用する木は、
火にあぶられても表面が炭化することで
急速な強度の低下を起こしません。
さらに、独自に開発した、
もらい火に60分以上耐えうる外壁「BSウォール」や、
内部延焼を抑える「ファイヤーストップ構造」により、
火災に強い家を実現します。

木と鉄骨の火災時の強度実験

「BSウォール」耐火実験〈発火後60分経過〉

築100年の邸宅が語る、耐久性。

枠組壁工法は耐久性に優れ、
世界各地に加え日本においても築100年以上経過した建物が
当時と変わらずその美しさを保ち続けています。
三井ホームは、この工法を日本特有の気候や風土に適合させ、
更にその性能を高めて「プレミアム・モノコック構法」へと
進化させました。
低含水率の構造材や、湿気を遮断し壁内部を健全に保つ「BSウォール」、
万全な防蟻対策といった独自技術に支えられた基本構造で、
三世代にわたる耐久性を備えています。

築100年超の旧木下邸

オーダーメイドを支える「テクノロジー」カタログ請求

三井ホームの特徴

THE ESSENCE OF ORDER MADE

  • 楽
  • 美
  • 健
  • 強
  • 賢

TOPへ