PROFESSIONAL DESIGN三井ホーム社員の家

ホテルライクな
インテリアを叶えた
モダンな家

神奈川県 Yの家

社員のプロフィール

Y:本社営業推進部所属。妻と2人の子どもの4人家族。

家づくりで思い浮かべたのは、結婚式を挙げたホテルのインテリア。
癒しの象徴ともいえる、上質な空間で暮らしたいという夢がありました。
住み慣れた町で敷地を探し、賃貸併用住宅にすることで資金面での不安を解消。
設計面では、共働き夫婦が幼い子どもたちの
育児と仕事の両立を果たすため、家事動線に配慮。
収納も綿密に計画し、室内はいつもすっきりと保てるように。
デザイン性と機能性を上手く両立させた理想の住まいに、家族は大満足です。

EXTERIOR

外観(エクステリア)

四季の彩りに包まれる
エクステリアデザイン

建物の北側は住まいの玄関、南側は賃貸用の出入り口。
道路側や住居部分のアプローチには植栽を配置。
モミジの紅葉やヤマボウシの花など四季折々の彩りを
楽しめるようにしました。
夜にはライトアップで外壁に木々の陰影が浮かび上がり風情があります。
玄関のポーチは門扉などのエクステリアと同系色のタイルでシックに。
ポーチには庇を付けて、雨の日でも出入りがしやすくしています。
センスある外回りのデザインはご近所にも好評です。

INTERIOR

内観(インテリア)

リビング

プライバシーが守られて
ゆっくりくつろげるリビング

階段の上り下りを極力減らすために
LDKやサニタリーは2階にまとめました。
家族のくつろぐリビングは間取りの中心に。
周囲の建物の窓の位置も確認して
外からの視線が届かないように設計しました。
床はオーク、麻のクロス、珪藻土の天井と
内装は思い出のホテルと同様のコーディネート。
ソファでくつろぐひとときは家族みんなのお気に入りの時間です。

ダイニングキッチン

家族の一体感を満喫する
ダイニングキッチン

ダイニングとキッチンはワンルームの大空間。
シンクと作業台は部屋の中央に配してアイランド式に。
その隣にダイニングテーブルを置いて
配膳も食後の片づけも最短距離で行えるようにしました。
食事を用意する人も食べる人も一緒に過ごせて
家族の一体感を味わえるダイニングキッチンです。
キッチンのバックセットのほか、壁面収納も造作。
大容量の収納を確保することでオープンなキッチンでも
すっきりとした状態を維持しやすくなっています。
木の色みと扉材のグレー、収納棚のブラックがほどよく調和。
生活の中心の場として、心地よい落ち着きをもたらしています。

和室

趣味の盆栽が映える
モダンな和の空間

リビングに隣接する和室は約5畳。
縁無し畳でモダンな和室に仕上げ、リビングの延長としても
違和感のないデザインとなっています。
床の間の代わりに、ご主人の盆栽を飾る棚を設けました。
クリーム色の壁に黒い棚板。
そこに横長のステンドグラスから日差しが入り、
盆栽の緑がよく映えます。
普段は子どもの遊び場になったり、昼寝の場所になったり。
今は幼い子どもたちと4人で寝室として使っているとのこと。
引き戸を閉めれば、来客用の寝室としても機能します。
「上がり框に腰かけられるようにしてよかった」とご主人。
家族にとってなくてはならない、多目的スペースです。

寝室

ルーフバルコニーを取り込んだ
明るい寝室

寝室は日常生活から切り離して3階に配置。
一部をピアノのスペースとして、
床を補強したうえでカーペット敷きに。
9畳大のルーフバルコニーも設けて
明るく広々とした部屋にしました。
内外の床材は色のトーンをそろえ、段差も解消することで
屋外への開放感を演出しています。
将来、ライフステージが変わったときには
他の用途にも転用できる空間です。

子供部屋

バルコニーを挟んで
寝室と向かい合う子供部屋

3階の南西にある子供部屋の広さは約8畳。
ドア、窓を2か所ずつ用意して、
将来、子どもたちの成長に合わせて
2部屋に仕切ることも想定しています。
今は、ソフトな色調の内装にグレーのソファを合わせて
2階のリビングとしても活用しています。

階段ホール

ホテルの廊下のような
プライベートエリア

3階に続く階段スペースは、足元のカーペットも
壁の麻のクロスもモスグリーンでコーディネート。
廊の右側は居室、左側には収納スペースをまとめ、
各居室がすっきりと整えられています。
静寂な雰囲気に包まれて、心身ともにリラックス。
3階の明るい居室内との明暗差はほどよい刺激となり
毎日の生活に心地よいリズムを生み出します。

バルコニー

広いルーフバルコニーは
アウトドアリビング

限られた敷地のなかで駐車スペースを確保したために
十分な庭をとれなかったY邸。
その代わり、3階に広いルーフバルコニーを設けました。
寝室、子ども室から出入りすることができます。
一部はご主人の盆栽の置き場に活用。
夏にはビニールプールを出して遊んだり、
気候のいい時期にはここで食事をとることも。
軒もあるので直射日光や急な雨も避けられます。
貴重なアウトドアリビングとなりました。

other cases

社員の家一覧に戻る