PROFESSIONAL DESIGN三井ホーム社員の家

美術館のように
スタイリッシュで、
大きな吹き抜けのある家

茨城県 Oの家

社員のプロフィール

O:柏支店の営業職。妻と2人の子供の4人家族。

家族4人がのびのびと快適に暮らせる家。
そして、子供達が成長した後も、
充実して落ち着いた毎日を過ごせるように。
だから生活感を必要以上に出さずに、
美術館のような非日常的な雰囲気にしたい。
そんな思いから、スタイリッシュでシンプルな住まいを心がけました。

EXTERIOR

外観(エクステリア)

水平ラインと連続するスリット窓が
落ち着きを醸し出す

オーソドックスな寄棟の屋根に、のびやかな水平ライン。
1、2階ともに、同サイズの窓を連続させることで
北側のファサードに上品な印象を漂わせています。
玄関ポーチには天然石風のタイルを採用し、
木の軒天と壁の小さな開口が、佇まいに重厚感を与えています。
シンボルツリーには繊細な樹形が特長のアオダモを選択。
砂利と下草を配して、和風のテイストをうまく演出しました。
時を経ても飽きることのない外観デザインとなっています。

INTERIOR

内観(インテリア)

LDK

落ち着いた雰囲気に整えられた、
モダンなインテリア

L字型のLDKは、オープンに連続する空間。
全体的に明るいトーンでまとめながら、
ヘリンボーン貼りの床やシックな家具で重厚感も漂わせています。
リビングやダイニングとの一体感を考慮して
キッチンのキャビネットの扉材には淡い木調のものを選びました。
吹き抜けのあるダイニングではのびやかに、
折り上げ天井のリビングでは腰を据えてリラックス。
天井高の変化で空間の違いを生み出しています。

ダイニング吹き抜け

2階までの大開口がもたらす
明るさと開放感

2階までの高さいっぱいに開口部を設け、
バーチカルブラインドで陽光をほどよく遮っています。
「ブラインドから漏れる光が好きなんですよね」とご主人。
ヘリンボーンの床に日差しが陰影を描く様子は
いつまでも見飽きることがないとのこと。
壁は薄いグレー色ですが、天井のクロスだけは白に。
上方を明るくすることで奥行を感じさせる狙いです。
階段と手すりはクールな質感のスチールで
スタイリッシュな印象にデザインされています。
そこにいるだけで思わず時間を忘れてしまいそうな
非日常感の漂う空間となっています。

中庭

プライバシーの守られた
広々としたテラス

ダイニングの外には広々としたテラスを設置。
室内との段差を抑え、出入りしやすくしました。
タイルで仕上げられているので泥はねなどを気にせず
子どもたちを遊ばせることができます。
「以前は集合住宅だったので、どうしても音が気になって。
この家に住んでからはのびのびと子どもたちと遊んでいます」
と奥様も顔をほころばせます。
中庭風に囲まれたスペースなので外からの視線もありません。
テラスはO邸のアウトドアリビングとして、
家族のくつろぎの場所となっています。

主寝室

間接照明の優しい光に
癒される主寝室

2階の主寝室はセミダブルベッドが2台置ける広さを確保。
現在はお子さんが幼いため、家族4人で布団で寝ています。
心身が安らぐ空間にするため、照明は最小限としました。
柔らかな光に包まれるよう、壁面には間接照明を設置。
夜には床や壁の陰影が浮き上がり、また違った雰囲気に。
カーテンボックスを隠すため、下がり壁を設けるなど
細かい配慮でうまく生活感を消しています。
ベッド置くことを想定してアクセントクロスを貼った壁には
ヘッドボード側に小物を置くためのカウンターも用意しました。

子供部屋

ネイビーのクロスがアクセントに

2階の日当たりのいい南側には子ども室を配置。
壁にはネイビーカラーのクロスを一部に貼って
他の居室とは異なる個性を演出しました。
約10畳の広さがあり、2部屋に仕切ることも可能。
現在はひとつの大きな部屋として使っており、
子どもたちの格好の遊び場になっています。

サニタリー

ランドリースペースも設けて
家事効率アップ

1階の西側には浴室、洗面室をまとめました。
内装は白を基調としてまとめ、清潔感ある仕上がりに。
洗面室の横にはランドリースペースも設けました。
「以前は洗濯機から物干し場へ運ぶのが大変でしたが、
洗ってすぐ干せるようになってよかった」と奥様。
効率よく家事をこなせるようになりました。

玄関

斜めの框と収納、
ガラス框戸で土間が広々と

「玄関を狭苦しい場所にしたくない」というご主人。
框に角度をつけることで土間を広くしたほか
シューズクロークと、その先に手洗いコーナー、
さらに外出着などを収納するクローゼットもつなげて、
帰宅や外出をスッキリとスムーズに
行えるよう工夫されています。
さらにLDKのドアを大きなガラスの框戸にしたので、
視界が広がり、おかげで玄関が実際の面積以上に
広々とした印象に。

other cases

社員の家一覧に戻る