「住まいと暮らしの研究所」設立について~よりよい暮らしのあり方を継続的に調査・研究~ | 2012年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2012.06.07
「住まいと暮らしの研究所」設立について
~よりよい暮らしのあり方を継続的に調査・研究~

アンド・アース

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:生江隆之)は、よりよい暮らしのあり方を長期的、継続的に調査・研究していくため、6月1日(金)に企業内研究所として「住まいと暮らしの研究所」を設立いたしました。
当社は住まいを提案する上で建物の強度などのハード面はもちろん、そこに暮らす人々の生活意識、暮らし方、こだわり、デザインなどのソフト面も大切な要素であると考えています。それらを重要な研究対象とし、「住まいと暮らしの研究所」では所員による調査・研究及び、当社施工建物オーナーや有識者・学識経験者との共同研究活動で得られた成果を商品開発や部資材開発、技術開発、販売戦略などに生かしていきたいと考えています。
また、活動を通して得られた成果はデザインフォーラム(※)、各種セミナー、研究リポートなどで定期的に対外公表し、当社のブランドメッセージ“暮らし継がれる家”の認知を高め、多くのお客様に永く愛され続ける住まいと暮らしをお届けしてまいります。

  • ※三井ホームグループ各社内で選ばれたデザイナーが、自身の作品・事例をプレゼンテーションする場として、2006年から毎年開催しています。また、同時に行われる著名人の講演会や設計コンペ作品の展示を通じ、新しい発見や情報収集の場となることを目的としています。

1.研究所の概要

名称
住まいと暮らしの研究所
住所
東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル53階 (三井ホーム(株)本社内)
電話番号
03-3346-4825
所長
専務取締役 長谷 裕

2.活動内容

  • 生活者の意識、暮らし方、こだわり、住宅のデザインなどの調査・研究
  • 当社施工建物オーナーや有識者・学識経験者との共同研究
  • 三井不動産グループ各社との情報交換や共同研究
  • 活動を通して得られた成果の定期的な公表(デザインフォーラム、各種セミナー、研究リポートなど)

アンド・アース」ロゴについて
三井不動産グループでは、グループのロゴである「アンド(アンド)」マークに象徴される「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、グループビジョンに「アンド・アース(アンド・アース)」を掲げ、当社グループのまちづくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしています。
アンド(アンド)」マークの理念とは、これまでの社会の中で対立的に考えられ、とらえられてきた「都市と自然」「経済と文化」「働くことと学ぶこと」といった概念を、「あれかこれか」という「or」の形ではなく、「あれもこれも」という形で共生・共存させ、価値観の相克を乗り越えて新たな価値観を創出していくもので、平成3年4月に制定されました。

本件に関するお問い合わせ先

三井ホーム株式会社 広報部 広報グループ : 03-3346-4649

ニュースリリース