心もはずむ、スキップフロアの家「tokotoko(トコトコ)」を新発売 | 2012年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2012.04.06
心もはずむ、スキップフロアの家
新商品「tokotoko(トコトコ)」を発売
家族の絆をはぐくむ住まい

スマート2x4アンド・アース

  • スキップフロアによる、立体的に家族のつながりを感じることのできる家
  • 住まい全体をいくつものスキップフロア構造とし、空間構成の楽しさを実現する“暮らし継がれる家”
  • 高い剛性、高気密・高断熱な木の家ツーバイフォー工法ならではの、多彩な空間設計提案により、段差を利用した床下の大容量の収納空間や、ビルトインガレージも実現可能

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:生江隆之)は、30歳代を中心とする、とりわけ家族の絆が大切な時期とされる子育て世代をターゲットにした、注文住宅フリー設計新商品「tokotoko(トコトコ)」を平成24年4月21日(土)から沖縄を除く全国で発売いたします。

この商品は、家族の絆をはぐくむ大切な時間を過ごす住まいの空間設計提案をテーマに、中間階をもつスキップフロアを採用することで、家族がどこにいてもつながりを感じることのできる家です。特に、空間構成がもたらす視線の変化によって、一般的な2階建ての住まい以上に、家族の成長や変化にも気づくことができる効果が期待されます。また、いくつものスキップフロア構造がもたらす多彩な空間設計提案によって、住まうことの楽しさや愛着が増してくるとも考えられます。

三井ホームが掲げる「スマート2×4(ツーバイフォー)」の環境設計提案は、当社ならではの高い基本性能と木の家の持つ環境や人へのやさしさをベースに、住む人の暮らしまで考えた一体提案です。今回の新商品のコンセプトである、住まいにおけるコミュニケーションを促進するスキップフロアのダイナミックかつ、快適に過ごすことのできる多彩な空間演出の提案により、家族の絆をはぐくむ住まいづくりを訴求し、受注拡大を図ってまいります。

商品概要

1.スキップフロアにより、立体的に家族のつながりを感じることのできる家。

  • 住まい全体をいくつものスキップフロア構造にすることで、多彩な空間設計提案が可能になり、家族のつながりを感じることも、家事や子育ての楽しみも増えます。スキップフロアの魅力を最大限活かした2つのモデルプランを提案しています。

(1)モデルプラン-1

  • 5つのスキップフロアと吹き抜けを通じ、見晴らしの良いキッチンや大型床下収納など、住まい全体がひとつになり、子育て家族がお互いにいつも近くに感じながら、安心して過ごすことができる開放感あふれるプランです。

(2)モデルプラン-2

  • 1階に天井を低く抑えたインナーガレージを組み込むことで、2階には天井が高くのびやかなスキップリビングが実現。くつろぎ・食・学びの場が、段々にリレーしていくプランです。

2.スキップフロアの立体的空間構成の楽しさが、そのまま反映された外観デザイン

  • 高い層と低い層が連なった、たくさんの「段々」があるリズミカルなフォルム。空を仰ぐ斜めのラインの片流れ屋根がアクセントで外壁やサッシの色も個性にあわせて選ぶことができます。
モデルプラン-1外観イメージ

3.スキップフロアの空間を実現可能とする高性能と快適仕様

  • ツーバイフォー工法は再生可能な資源であるとともに、環境や人にやさしいぬくもりを与える木の家で、年月を重ねるほどに深まる味わいがあります。
  • 高い剛性を誇るツーバイフォー工法のモノコック構造により、大きな吹き抜けの大空間や、空間を立体的に活用していくスキップフロアも自在に提案が可能です。
  • 標準仕様の三井ホームオリジナル屋根断熱材“ダブルシールドパネル”と、オプションのトータル空調システム“ウェルブリーズ”を組み合わせることで、高い省エネ性とより快適な居住空間を実現します。
  • 三井ホームの「スマート2×4(ツーバイフォー)」は、高気密・高断熱の基本性能を活かし、自然の力を活かす設計“パッシブエコ”、創エネ機器(太陽光発電システム等)をはじめとする“アクティブエコ”やトータル空調システムなどの“快適設備”、さらに家庭用蓄電システムやエネルギー監視システムなどの“スマート設備”を組み合わせた一邸ごとの最適な住まいの提案です。

4.販売エリア

沖縄を除く全国

5.参考価格(消費税込)

「モデルプラン1」の本体工事価格
(施工延べ床面積 190.87m²:57.73坪)
37,052,400円(坪単価 642千円)

  • ※スマート2×4(ツーバイフォー)仕様(太陽光発電システム3.85KW、家庭用蓄電システム5.53KWh、ECO マネシステム、EV コンセント設備)を含みます。

「モデルプラン2」の本体工事価格
(施工延べ床面積 188.63m²:57.06坪)
33,722,850円(坪単価 592千円)

  • ※スマート2×4(ツーバイフォー)仕様(太陽光発電システム3.29KW、家庭用蓄電システム5.53KWh、ECO マネシステム、EV コンセント設備)を含みます。

○基本性能を変えずに、さまざまな仕様グレード設定やプランニングが可能です。
○価格は、建築エリアや敷地条件によって異なります。

<参考>スキップフロアの活用事例イメージ

アンド・アース」ロゴについて
三井不動産グループでは、グループのロゴである「アンド(アンド)」マークに象徴される「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、グループビジョンに「アンド・アース(アンド・アース)」を掲げ、当社グループのまちづくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしています。
アンド(アンド)」マークの理念とは、これまでの社会の中で対立的に考えられ、とらえられてきた「都市と自然」「経済と文化」「働くことと学ぶこと」といった概念を、「あれかこれか」という「or」の形ではなく、「あれもこれも」という形で共生・共存させ、価値観の相克を乗り越えて新たな価値観を創出していくもので、平成3年4月に制定されました。

本件に関するお問い合わせ先

三井ホーム株式会社 広報部 広報グループ : 03-3346-4649

ニュースリリース