10年ごとの点検を行う「キープウェル」60年点検システムスタート | 2004年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2004.06.25
10年ごとの点検を行う「キープウェル」
60年点検システムスタート

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:中村良二)は、長期の点検・メンテナンスシステム「キープウェル」を、7月1日から全国で開始いたします。当社の「20年保証システム」*1に基づく保証期間終了後も、築後60年間にわたり10年目ごとに、お客様の任意で点検(有料)をお受けするシステムで、建物の点検機会を増やすことにより、長く快適にお住まいいただけるお客様サービスの充実を図るとともに、建物のさらなる耐久性の向上やメンテナンス費用などの軽減を目指します。
概要は以下のとおりです。

  • *1 「20年保証システム」…構造躯体・防水について20年間保証するシステムで、10年目の無料点検に基づき、必要な有料メンテナンス工事を行っていただくことが条件です。ただし、木製サッシ・外部木製造作材がご使用の場合は、有料メンテナンスは5年ごととしています。

1.制度の名称と内容

名称
60年点検システム「キープウェル」

内容
築後60年間にわたり、構造躯体、防水について10年目ごとに有料点検を実施するシステムで*2、お客様のご意向により行います。

  • *2 10年目は無料点検となります。

2.導入の狙い

長期の点検制度を導入し、建物を直接点検する機会を増やすことにより、長くまた常に快適な住まいとして機能するよう配慮するとともに、お客様に適切なメンテナンス計画をお知らせし、建物の耐久性の向上、メンテナンス費用などを含む建物のライフサイクルコストの軽減を目指し、資源循環型の社会に向けた住宅づくりに寄与します。

3.開始時期

2004年7月から実施

4.対象となる建物

賃貸住宅、分譲住宅などを除く専用住宅で、20年保証システムにおける、10年目点検に基づく有料メンテナンス工事を行っていただくことが条件となります。

5.点検費用

1回の点検につき500,000円(うち消費税額 2,380円)

6.三井ホームの「20年保証システム」と点検制度について

  • 三井ホームは1992年9月から、業界に先駆け、躯体の20年保証(10年目の有料メンテナンス工事条件付)を開始し、1997年4月には、賃貸住宅にも保証内容を拡大しました。2002年からは、本格的に10年目点検がスタートし、これまでに約8,000棟の点検を完了しています。
  • 20年保証システムや60年点検システム以外でも、お客様のご希望により、随時、臨時点検を承ります(有料)。
この件に関するお問い合わせ先

広報グループ:03-3346-4649

ニュースリリース