三井ホームトップ>会社情報>ニュースリリース>2000
会社情報 会社情報トップ 会社情報・ニュースリリース 会社情報・会社案内 会社情報・IR情報 会社情報・採用情報 会社情報・環境への取り組み 会社情報・グループ会社リンク集
ニュースリリース 三井ホームロゴ

平成12年11月17日

性能表示制度に対応
型式性能認定と製造者認証を取得
2×4とダブルシールド工法で
カタログ請求
カタログ請求はこちら

 三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:高橋邦男)は、住宅の品質確保促進法の住宅性能表示制度について、財団法人日本建築センターに審査申請中であった、「住宅型式性能認定」及び「型式住宅部分等製造者の認証」を、11月16日に取得いたしました。


1. 住宅型式性能認定について

設計基準や仕様をある範囲内で定型化し、あらかじめ性能の評価・認定を受けることにより、その範囲内で設計される住宅の性能評価手順が簡易になります。

認定を受けた工法

(1)  ツーバイフォー工法
(2)  屋根にRコントロールパネルを使用したツーバイフォー工法
(3)  特認工法であるダブルシールド工法(壁と屋根に構造断熱パネルであるRコントロールパネルを使用した工法)

2. 型式住宅部分等製造者の認証について

指定住宅型式性能認定機関の認証を受けることにより、現場での検査について、その回数が省略できるなど簡略化することができます。

取得要件は次の2つです。

(1)  製造者認証は住宅型式性能認定を取得した住宅であること
(2)  製造部材の工場生産化率が3分の2以上で一定の基準に適合すること

オープン工法で本認証を受けたのは、現時点では当社のみです。

3. 性能評価に係るメリットについて

設計性能評価に必要な申請書の資料が簡略化できることにより、設計評価の申請・評価に要する時間が短縮されます。

着工から竣工までの間に行われる現場検査手続きが簡略化され、建設住宅性能評価に要する時間が短縮されます。

4. 当社の基本的対応

いわゆる企業型式認定と製造者認証を取得したことを受け、積極的に顧客に技術力を訴求していくことといたします。

5. 性能表示制度対応エリア 沖縄を除く全国


戻る
▲TOP
 
プライバシーステートメント サイトご利用上の注意 サイトマップ