三井ホームローン「e-タイプ」 住信SBIネット銀行と提携 提携住宅ローンを拡充 | 2007年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2007.09.28
三井ホームローン「e-タイプ」
住信SBIネット銀行と提携
提携住宅ローンを拡充

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:中村良二)は、このたび、インターネット銀行として9月24日に開業した住信SBIネット銀行(本社:東京都港区、社長:田中嘉一)と住宅ローンの取扱いにおいて提携し、金利や繰上げ返済のしやすさなどにメリットの高い同行との提携ローン、「三井ホームローン e-タイプ」について、9月24日から取り扱いを開始いたしました。
三井ホームは、グループのファイナンス専業会社である三井ホームリンケージ(本社:東京都新宿区、社長:木山述史)を通して各金融機関との提携ローンである三井ホームローンをはじめ、多様化する住宅ローン商品から、それぞれのお客様事情に最適な住宅ローンを提案しています。今回の提携により、弊社提携ローンのラインナップ拡充を図り、お客様サービスのさらなる向上に努めてまいります。

「三井ホームローン e-タイプ」の概要

提携先

住信SBIネット銀行株式会社

主な特徴

  • 業界トップレベルの低金利を目指した金利を提供
  • 保証料不要
  • 団体信用生命保険料および8大疾病保障保険料が不要
  • 手数料不要で1円単位の一部繰上げ返済が可能
  • ※別途事務手数料がかかります。

申込み窓口

三井ホームのグループ会社でファイナンス専門会社、三井ホームリンケージが窓口となり、申し込みなどの手続きのお手伝いをいたします。

(参考)最近の住宅ローン動向について

近年、金利の上昇懸念から、住宅ローンの借入れにおいて変動から固定へ、短期固定から長期固定へと流れが変遷してきました。
2006年度に三井ホームの提携ローンを申し込まれたお客様のうち、20年以上の長期固定は約2割でしたが、今年度4月~6月には約3割に増加しました。10年以上の長期固定で見ると、約7割にのぼっています。

一方、2年または3年固定のローンは、2006年度に比べ、今年度4月~6月には申し込み割合が約5ポイント低下しました。
また、お客様からの繰上げ返済に関するお問い合わせは、金利、借入れ金額に次いで多く、早期返済への関心の高さを示しています。

この件に関するお問い合わせ先

総務・広報グループ:03-3346-4649

ニュースリリース