木造建築物用免震システム「M-400」免震システム認定を適用範囲拡大 | 2007年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2007.01.15
木造建築物用免震システム「M-400」
免震システム認定を適用範囲拡大

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:中村良二)は、1997年9月から発売している木造住宅用免震システム「M-400」※1 について、国土交通大臣の免震システム認定※2 の適用範囲を拡大して10月18日付で認定を更新し、2007年1月20日から運用を開始いたします。
これにより、免震システム認定を利用するには従来2.7mまでだった階高制限が3mまで可能となり、より開放的な空間ニーズに対応できるようになります。

  • ※1 「M-400」は、1995年1月に発生した阪神・淡路大震災を契機に、鹿島建設株式会社と共同開発した、木造住宅用としては国内初の免震システムです。
  • ※2 システム認定取得は認定の評定料が不要で、大幅に申請時間が短縮できます。

1.免震システム「M-400」の基本構造

装置の種類
:転がり方式免震支承
基本構造
:水平方向の揺れを吸収する「ボールベアリング支承」と、基礎と建物とのずれを抑制する「オイルダンパー」の組合せで地震力を低減
対応階数
:システム認定は平屋・2階建・3階建に、また医院建築などにも対応

2.今回の更新による変更内容

階高3mの高天井までシステム認定利用が可能(認定番号 MNNN-1998)

3.三井ホームの免震住宅への取組み

当社は1989年6月に、積層ゴムによる初の木質系戸建住宅免震構造による、免震構造住宅「M-300」を発売いたしました。
1995年1月の阪神・淡路大震災発生後、1996年2月に鹿島と共同でボールベアリング支承とオイルダンパーによる免震構造を開発、建設大臣認定(当時の法38条に基づく個別認定)を取得。翌年9月から免震システム「M-400」の販売を開始し、これまでに約130棟の受注実績があります。
「M-400」採用第一号は、当社のコンピュータ事務センター(東京都稲城市)で、1996年7月に竣工しています。

三井ホームの「免震住宅」

本件に関するお問い合わせ先

総務・広報グループ : 03-3346-4649

ニュースリリース