事業開始時の借入金を軽減賃貸住宅の「家賃前払い制度」スタート | 2002年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2002.03.28
事業開始時の借入金を軽減
賃貸住宅の「家賃前払い制度」スタート

三井ホームエステート株式会社

三井ホーム株式会社

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:高橋邦男)の関係会社である三井ホームエステート株式会社(本社:東京都千代田区、社長:内山惠一郎)は、賃貸住宅の事業開始月に、賃貸住宅のオーナーに対して借上げ賃料の一年分を前払いする「家賃前払い制度」を4月から開始いたします。
所有している土地や自宅の有効活用を考えるお客様が、事業開始の借入必要資金を低減できることで、事業を始めやすくなり、また収支計画にゆとりが生まれます。これにより、三井ホームエステート株式会社は管理戸数の拡大を、三井ホーム株式会社は賃貸住宅の営業活動における差別化を狙います。

1. 制度の概要

  • 一括借上システム*を併用し、賃貸住宅経営開始時に、初年度一年分の借上げ賃料相当金額をオーナーに対して前払いします。
  • 前払い金は、事業開始後、一定の期間内(最長4年間)で月々の家賃収入から無利息返済を受けます。
  • * 三井ホームでは、三井ホームエステートが賃貸住宅を20年間一括して借上げ、入居者に転貸する「20年一括借上げシステム」を用意しています。オーナーに対し毎月一定額の賃料が支払われますので、長期安定的な賃貸住宅経営ができます。

2. オーナーのメリット

  • 借入金の調達が難航しているような場合には、その必要額を低減することができますので、事業を始めやすくなります。
  • 事業開始時の金融機関からの借入金を低減できるので、収支計画にゆとりが生まれます。また、家賃前払い分を設備の充実などに利用し、賃貸住宅の付加価値を高めることができます。
  • 一括借上システムを併用することで、空室が発生した場合の事業リスクが軽減され、安定した賃貸経営を行えます。

3. 対象地域

一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)

4. 運用開始

平成14年4月

三井ホームエステート株式会社

所在地
東京都千代田区富士見2-3-11
社長
内山惠一郎
資本金
1億円
主な事業
賃貸住宅管理・斡旋、企画提案および土地・建物の売買・仲介、不動産コンサルティング事業
この件に関するお問い合わせ先

総務・広報グループ:03-3346-4649

ニュースリリース