三井ホームトップ>会社情報>ニュースリリース>2001
会社情報 会社情報トップ 会社情報・ニュースリリース 会社情報・会社案内 会社情報・IR情報 会社情報・採用情報 会社情報・環境への取り組み 会社情報・グループ会社リンク集
ニュースリリース 三井ホームロゴ
平成13年12月19日
瓦材一体型ソーラーを開発・設定
目立たないソーラーシステム
30%コストダウン

 
 三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:高橋邦男)は、新しい屋根瓦材一体型の太陽光発電システムを来年1月から本格的に導入、販売いたします。
この太陽光発電システムは、陶器瓦に対応し、黒色の瓦ではソーラーパネルがほとんど目立たないため、建物の外観デザインや、街並みとの調和を損なうことがありません。
また、従来、設置が難しかった寄棟屋根などにも屋根形状を問わず設置でき、瓦材と一体型であることにより大幅にコストダウンを図りました。


1. システムの概要と特徴
 
太陽電池モジュールは、シャープ製の瓦材一体型単結晶タイプで、モジュール変換効率は12.8%です。
システム容量は3.17kWと4.22kWがあり、小型・軽量で施工性に優れています。
太陽電池モジュール寸法は瓦3枚タイプと4枚タイプの2種類を設定し、3角形に設置することもできるので、寄棟などさまざまな屋根形状に対応できます。
従来の瓦材一体型のものに比べ、30%のコストダウンを達成しました。
2. 節電効果
  年間約12万円の電気代が節約できます。(*3.17kWで当社計算による)
3. 適用屋根材
  平板陶器瓦(東洋瓦)
4.販売対象地域
  沖縄と積雪50cm超の地域を除く全国
5.設置モデルハウス
  香椎:福岡市東区香住ヶ丘1-7「hitハウジングパーク香椎」内 TEL:092-682-4531
  長崎:長崎県長崎市尾上町1-24「NBCハウジングステーション」内 TEL:095-832-8703
  桜上水(1月2日オープン予定):東京都世田谷区桜上水5-29-52「JPAハウジング桜上水駅前住宅総合展示場」内 TEL:03-3306-7331
6.参考価格
  3.17kWタイプ:約240万円(設置工事費込み)
  * 瓦材一体型のため、実際にはパネル面積相当分の瓦材費用が低減されます。


戻る
▲TOP
 
プライバシーステートメント サイトご利用上の注意 サイトマップ