三井ホームトップ>会社情報>ニュースリリース>2001
会社情報 会社情報トップ 会社情報・ニュースリリース 会社情報・会社案内 会社情報・IR情報 会社情報・採用情報 会社情報・環境への取り組み 会社情報・グループ会社リンク集
ニュースリリース 三井ホーム
平成13年7月10日
「プロパティ・プライムコート」新発売
個性的な曲線デザインの賃貸住宅
入居者ニーズに対応した30プランを厳選

 
・ 個性的な曲線のデザインを採用した外観
・ 入居者ニーズに対応した30プランを厳選
・ 室内ドアの高さは、ゆとり感を高め注文住宅と同一サイズに変更

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:高橋邦男)は、7月15日に、郊外向けの賃貸住宅「プロパティ・プライムコート」を新発売致します。曲線を採用した個性的な外観とグレードの高い仕様を設定し、ブランドイメージの強化を図るとともに、都市近郊向け賃貸住宅と仕様を共有化しました。また、入居者ニーズの高い30プランを設定し、長期安定経営を訴求するとともに、郊外および地方都市を中心とした地域の需要開拓に注力します。商品の特徴は以下のとおりです。


1.曲線のデザインが個性的な外観
  
スカート状に裾を広げたファサードやエントランスゲート、軒飾りが緩やかな曲線のシルエットをつくり、手づくりの柔らかい印象を与えます。
メゾネットは玄関ポーチのコーナーに人造石、窓廻りにシャッターパネルを設定し、アクセントをつけました。
2. グレードの高い部資材・仕様を設定
  
都市近郊向けの賃貸住宅と設定仕様を共有し、コストダウンを実現しました。
室内ドアの高さは注文住宅と同一の2,100mmのゆとりサイズです。
壁に沿って引き込むタイプの引き違い戸を設定し、幅1,600mmの開口を可能にしたことにより、使い勝手が高まりました。
当社独自開発の湿式外壁工法(BSW工法*)と汚れがつきにくい外壁仕上げ塗装を採用し、耐久性を高めています。
屋根にはノンアスベストの彩色スレートを設定しました。
BSW工法…三井ホームが昨年、独自開発した湿式の外壁工法で、従来の湿式工法よりもモルタル塗り厚を確保しやすく、下地表層クラック発生を50%程度抑制(当社社内試験による従来工法比)するとともに、品質・施工精度を高め、仕上げ材の対応範囲を拡大できます。
3.多様な入居者ニーズに対応する3タイプ30プラン
  
本商品は、「メゾネット」(1棟2戸)、「エクセレント」(1棟4戸)、「アパートメントタイプ」(1棟6戸)の3タイプ30プランを用意しました。ファミリーから単身者まで幅広い入居者ニーズに対応しています。
4.価格(三大都市圏)
  
(1棟2戸) 15,558千円〜(坪単価:386千円〜)
(1棟4戸) 23,439千円〜(坪単価:395千円〜)
アパートメントタイプ(1棟6戸) 23,353千円〜(坪単価:410千円〜)
5.販売エリア
  
北海道の一部と沖縄を除く全国
6.その他
  
当社の賃貸住宅はすべて20年保証システム(構造躯体・10年目有料メンテナンス付)の対象となります。
関係会社の三井ホームエステート梶i本社:東京都新宿区、社長:内山惠一郎)による一括借り上げシステムとともに、資産として長期間安定した事業が可能となる賃貸住宅経営をサポートしています。
7.当社賃貸住宅のラインナップについて
  
当社は賃貸住宅の受注拡大を図るため、プロパティシリーズとして商品展開を行ってきました。1999年7月に都市部向けに戸建感覚の高級賃貸住宅「プロパティ・デザインコート」、2000年6月に都市近郊に向けた「プロパティ・エバーコート」を発売し、注文住宅の仕様、要素を取り入れ、多様な入居者ニーズに対応しています。
また、ファミリータイプの賃貸住宅にも注力し、定期借家権制度を利用した自宅活用を提案する「ウィズ・レント」(2000年10月発売)や、ペット同居型賃貸住宅「ウィズ・ペット・コート」(2001年2月発売)などラインナップを充実するとともに、地域環境を含めた複合型提案を行っています。
今回の「プロパティ・プライムコート」は、郊外・地方都市における競争力強化を目指した規格型賃貸住宅です。


戻る
▲TOP
 
プライバシーステートメント サイトご利用上の注意 サイトマップ