1. 三井ホームトップ >
  2. 会社情報 >
  3. ニュースリリース >
  4. CLTを用いた建築物が林野庁の補助事業に採択

ニュースリリース

ニュース一覧に戻る

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)とCLTの初の組み合わせ
CLT※1を用いた建築物が林野庁の補助事業に採択
〜三井ホームコンポーネント事務所棟建築計画〜

平成 27年 8月 11日

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:市川俊英)は平成27年7月、CLTを用いた林野庁の補助事業に、グループ会社の三井ホームコンポーネント株式会社(本社:東京都中央区、社長:渡部一広)の事務所棟建築計画が採択されたことをお知らせします。(林野庁の補助事業「CLT建築等新たな製品・技術を活用した建築物の実証事業」)
同事業はCLT(直交集成板)等の新たな木材需要の創出を通して木材利用を拡大し、地域材の安定的・効率的な供給体制を構築することで、林業の成長産業化の実現を図ることを目的としています。
建築予定の事務所棟は、枠組壁工法(ツーバイフォー工法)に国産材CLTを組み合わせた初の試みとなり、近年構造材・外装材・内装材など様々な用途での活用が注目されているCLTの特徴である優れた断熱性・遮音性等を実証することにより、今後のCLTの幅広い利用に向けての可能性を追求する取り組みです。今回、床・外壁・天井部分にCLTを利用することで、床は断熱兼衝撃音対策として、外壁と天井は断熱兼仕上・下地用途としての活用をするとともに、各性能の測定実証、施工合理化の可能性などの検証を行ってまいります。
来年度には国土交通省からCLTに対する基準強度ならびに設計法が定められることが予定されており、当社グループは三井ホームコンポーネントを中心に今回の建築実証により、幅広い用途でのCLTの活用に向け、枠組壁工法(ツーバイフォー工法)による大規模施設系建築における活用を視野に研究を続けてまいります。

  • ※1 CLT(Cross Laminated Timber)
    ひき板層を各層で互いに直交するように積層接着したパネル及び、それを用いた構法を示す用語

バンクーバーのブリテッシュコロンビア大学

CLT(直交集成板)の断面

CLTとは

CLT(Cross Laminated Timber クロス・ラミネイティッド・ティンバー)はひき板※2の層を各層で互いに直交するように積層接着※3したパネル及び、それを用いた構法を示す用語で、1990年代にヨーロッパで開発され、8〜10階建てのマンションや、中・大規模の商業施設や公共施設、一般住宅までさまざまな建築物が建てられています。コンクリートに代わる構造材として、中高層建築物への活用が期待されています。

  • ※2 ひき板:天然木を鋸でひいて製作する木の板のこと。1センチ厚以上(10mm〜20mm)のものが中心で、突板(0.2mm〜0.6mm)よりも厚めの木材です。集成材や積層材などにも使われ、反りやひび、狂いを防ぐことができます。
  • ※3 積層接着:幾層にも重ね接着剤で圧着したもの

CLT概念図

出自:日本CLT協会「CLTの紹介」

部材の特性

CLTは材料の品質精度が高く、均一な強度を確保できます。基本的にビスと金具による接合となるため「施工性」が良く「断熱性」、「遮音性」、「耐火性」、「耐震性」に優れた部材であり、工場でプレカットされて現場に搬入することが可能なため、「工期短縮」だけでなく、熟練工が不要、現場での廃棄物が少ないなど、数多くのメリットがあります。
また、壁倍率20倍相当の「高強度」による耐震性の高さから、海外ではCLTを使った中層(8〜10階程度)ビルや共同住宅が建設されています。

当該プロジェクト概要

  • ■建設地埼玉県加須市新利根1−6−1
  • ■主要用途三井ホームコンポーネント(株)加須工場内事務所棟
  • ■構造木造(枠組壁工法)
  • ■階数地上2階
  • ■延床面積222.19㎡(67.21坪)
  • ■補助金額(予定)9,800千円(不課税)
  • ■着工2015年10月予定
  • ■完成2016年 2月予定
  • ■建築主・施工三井ホームコンポーネント株式会社
  • ■設計株式会社三井ホームデザイン研究所

CLTを外装材に使用し、木の素材感を生かした外観

CLTを用いた海外での建築実例

CLTは1990年代に開発された新しい木質材料であり、厚さや大きさなど様々な種類が存在し、構造材、外壁材、内装材など様々な用途に用いられています。ヨーロッパでは、すでに8〜10階建のマンションや、中・大規模の商業施設や公共施設、一般住宅まで様々な建築物が建てられるなど、近年では急速な伸びを見せています。

オーストリアでBMWが経営するホテル、構造と全室の内装にCLTを使用している


木造建築世界一の高さを誇るメルボルン
の10階建アパート
構造にCLTを使用している

ウィーンのショッピングリゾート
構造にCLTを使用している

アンド・アース」ロゴについて 三井不動産グループでは、グループのロゴである「アンド(アンド)マーク」に象徴される「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、グループビジョンに「アンド・アース(アンド・アース)」を掲げ、当社グループのまちづくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしています。

※この資料は、次の各記者クラブにお届けしております。
○ 国土交通記者会
○ 国土交通省建設専門紙記者会

本件に関するお問い合わせ先
三井ホーム株式会社 広報部 広報グループ
電話: 03-3346-4649
ニュース一覧に戻る

会社情報