1. 三井ホームトップ >
  2. 会社情報 >
  3. ニュースリリース >
  4. 『2014年度グッドデザイン賞』3点受賞〜3年連続で複数受賞〜

ニュースリリース

ニュース一覧に戻る

「好き」を集めたナチュラルな暮らし“家”を楽しもう 新商品SONOMA
    ・“木”を取り入れたインテリアと外観
    ・“新世代”のライフスタイルに合わせたプランニング
    ・“地域環境”に溶け込むファサードデザイン

平成 27年 4月 22日
  • 商品名「SONOMA(ソノマ)」の由来:米国カリフォルニア州ソノマは、古代レッドウッドの森、オークの木が生い茂る森林に覆われた山々など、雄大な森林資源に恵まれ、人々は木に囲まれたナチュラルな生活を満喫しています。また、ワインの産地としても知られ、400近くのワイナリーにはワイン樽が所狭しと並べられ、自然豊かな環境の中でワインが育まれています。

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:市川俊英)は、フリー設計商品「SONOMA(ソノマ)」を平成27年4月25日(土)から沖縄を除く全国で発売いたします。
「SONOMA(ソノマ)」は「暮らし方から考えるオーダーメイド」をコンセプトに、ポスト団塊ジュニア世代を中心とする30歳代から40歳代前半の「無理をせず等身大で生活する。しかし自分の好きなことにはとことんこだわる」という価値観を意識し開発したオーダーメイド住宅です。
ナチュラルなライフスタイルの提案や、こだわりの自然素材を組み合わせたインテリア、彫の深いフォルムに木の質感が映えるシンプルナチュラルな外観は、商品ターゲットである世代にとどまらず、幅広い世代の方々にも共感いただいております。
新商品「SONOMA(ソノマ)」は「豊かな緑と木々の温もりのあるナチュラル」な空間で好きなものに囲まれながら、無理せず「自然に」、そのままの自分を「楽しむ」暮らし方を提案することで、「オーダーメイドの歓び。」をお客様に提供してまいります。

<商品概要>

1.“木”を取り入れたインテリアと外観

SONOMAでは、北米のレッドシダーの内装材、北欧パインの木製サッシ、国産材の木製バルコニーなど、さまざまな木のもつ質感を大切に使用しています。さらに木を引き立てる他の自然素材をミックスすることで、スタイルに縛られずに、快適性を優先したデザインに仕上げています。


ウェスタンレッドシダーの内装材

プレイルーム壁面のピーリング材

木製の外装材をあしらった外観
[タイル・レンガ・ガラス・アイアン、自然素材を“木”とミックス]

木や鉄、タイルといった自然素材を複数組み合わせることで、トレンドとスタンダードをスタイリッシュにとりこんだスタイルミックスとしました。自然素材には、マットな質感でエイジングする素材を多く使用しました。

床材

時とともに風合いを増すフローリング材です。力強く、落ち着いた雰囲気です。

石畳タイル

中世ヨーロッパの小径を思わせる玄関の石畳タイルです。

石積調タイル

目地幅を広くとることで、石を積んだ雰囲気を再現します。

アンティークガラス

帯状に凹凸を出し、どこか懐かしさと、優しさを感じさせるガラス窓です。

ストリップ階段

ツヤを抑えた鉄と木を組み合わせた階段です。目線が抜けて解放感を演出します。

ピーリング材

天井に使うことの多いピーリング材を壁面に使用することで、木の素材感をより身近にしています。

高感度な“新世代”ほど、いっときのトレンドを追わず、トレンドとスタンダードをスタイリッシュに取り込む柔軟性と、多様な素材をコーディネートできる「こなれ感」を持っていると考えます。これが木とその他の自然素材を組み合わせ、スタイルミックス、マテリアルミックスをした理由です。

2.“新世代”のライフスタイルに合わせたプランニング
(フリーアドレスな住まい方)

共働きや習い事などで家族がバラバラになりがちな現代、だからこそ、家族が自然につながりあい、くつろげる空間は大切なものです。カフェにあるような大テーブルがあれば、家族がそれぞれ好きなことをしたり、週末は友人とホームパーティーをしたり、気づいたらすぐそばに誰かいて、いつのまにか会話も生まれます。そんな、自然に一緒になれる時間をたくさん集める工夫がちりばめられています。

【家族が自然と集まるアクティブダイニング】

どの部屋に行くときも通る、家の中心に配置されたダイニング。大きなテーブルの周りでは、家族がそれぞれしたいことをできるので、自然と集まる場となります。

【セミクローズな中庭 ファミリーデッキ】

リビングからもダイニングからも目が届くので、室内にいる時も、安心して子供を遊ばせることができます。

【家族と友達と一緒に使えるキッチン】

共働きの増加で、家事を夫婦で行うことが増えています。左右どちらからもアクセスできるオープンキッチンは、すれ違いやすく、どこに誰が立っていてもストレスがありません。料理をはじめると「なにかやらせて」とみんな参加したくなる。つくることも、片付けることもエンターテインメントになります。

【思いきり足を伸ばしてゴロゴロできるピットリビング】

ダイニングから奥まっているため、目線を気にせずくつろぐことができます。一段下がってこもり感があるので、お行儀よく座るのではなく、ソファーの上にのってゴロゴロするイメージです。ソファーに横になった時に心地良い空間となっています。

3.ひとりひとりの憧れのプライベートスペース(こだわりのプチ・スポット)

家族と一緒にいても、ひとりになれる時間は大切にしたいものです。コミュニケーションを忘れることなく、プライベートも楽しむ暮らしを、ほんのちょっとした空間で叶えることができます。

【ガレージライフを実現できるプチ・ガレージ】

玄関脇の土間空間にプチ・ガレージをつくることで、コンパクトながらも狭さを感じにくく、アウトドアグッズなども収納することができます。中が見える窓を設けることにより、SNSのように自分の趣味やこだわりを友人や近所の方に感じてもらえたり、コミュニケーションのための場としても重宝します。

【ひとりの時間を過ごす静かな空間 プチ・リュクス】

趣味や仕事、休息など、ひとりの時間を大切にできる様、空間的に仕切りながら、内部窓を通じて家族の気配を感じることができます。

【思いきり足を伸ばしてゴロゴロできるピットリビング】

ちょっとした溜りの場を設けることで、単なる本の置場ではなく、吹き抜けを介して家族の気配を感じられる読書スペースとなります。家族みんなの本を一カ所に集めて、お互いにシェアすることも可能です。

4.ひとつひとつのスペースに暮らしの楽しさを

日常のちょっとしたことから感じられる幸せは、ひとつひとつのこだわりを集めていくことで見つかります。リビングやダイニングだけでなく、どの部屋も、もっと楽しいスペースにしたいという発想がなにより大切です。

【私だけのセレクトショップ マスターベッドルーム】

着ていた服を仮置きしたり、次の日に着る服をコーディネートしてかけておけるオープンクロークを設けました。好きな物を飾れるデスク&シェルフ、旅先で見かけたようなタイルのアクセントウォールなど、インテリアのひとつひとつにこだわった主寝室です。

【森の中みたいな遊び場 子供の城プレイルーム】

小さいときには空き部屋になりがちな子供室を、広くて立体的なプレイルームとして使い、成長に合わせ可動収納で二分することができます。テントを置いたり木の幹模様のクロスを使ったりと、楽しい仕掛けを提案しています。

5.“地域環境”に溶け込むファサードデザイン

彫の深いフォルムに木の質感が映えるシンプルナチュラルな佇まいは、経年とともに住む人の人柄が表現され、街や人のつながりが生まれます。

<Proto Type>

様々な敷地に適応できるファサードを用意しました。候補地が狭小地でも、地域住環境を意識したプランニングを行い、周囲に溶け込むデザインを提案します。また、シンプルなフォルムの中に、素材のアクセント、個性を表現するパーツを加えています。

6.販売エリア

沖縄を除く全国

7.参考価格(消費税抜き)〜東京23区の場合〜

「SONOMA(ソノマ)」プロトタイププランの本体工事価格
32,169,000円(坪単価587千円)から
(施工延床面積 180.89u:54.71坪)

〇プロトタイププランの価格は,サッシをアルミクラッド樹脂サッシ、外部バルコニーの装飾材としてセラミック製サイディングを設定し積算しています。モデルハウス仕様(写真)はサッシをヴェステック社製の木製サッシ、木製バルコニーを設定しています。
〇基本性能を変えずに、さまざまな仕様グレード設定やプランニングが可能です。
〇価格は、建築エリアや敷地条件によってことなります。

建築面積   87.28u
1階床面積  77.05u
2階床面積  73.48u
法定延床面積 150.53u(45.53坪)
施工延床面積 180.89u(54.71坪)

8.販売目標棟数

今年度200棟

9.モデルハウス

・流山おおたかの森モデルハウス(千葉県流山市):2階建て単世帯


流山おおたかの森モデルハウスのアクティブダイニング

アンド・アース」ロゴについて 三井不動産グループでは、グループのロゴである「アンド(アンド)マーク」に象徴される「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、グループビジョンに「アンド・アース(アンド・アース)」を掲げ、当社グループのまちづくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしています。

※この資料は、次の各記者クラブにお届けしております。
○ 国土交通記者会
○ 国土交通省建設専門紙記者会

本件に関するお問い合わせ先
三井ホーム株式会社 広報部 広報グループ
電話: 03-3346-4649
ニュース一覧に戻る

会社情報