1. 三井ホームトップ >
  2. 会社情報 >
  3. ニュースリリース >
  4. 独自新技術から生まれた大空間の家「Gran Free(グランフリー)」を新発売

ニュースリリース

ニュース一覧に戻る

独自新技術から生まれた大空間の家「Gran Free(グランフリー)」を新発売
高強度耐力壁「Gウォール」採用

2011年5月25日
  • オリジナルの新技術、「Gウォール構法」を開発
  • 暮らし方も間仕切りも自由自在、将来への可変も容易な大空間の「暮らし継がれる家」
  • 外観デザインは、クリエイティブタイプとトラディショナルタイプを提案

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:生江隆之)は、注文住宅フリー設計新商品「Gran Free」(グランフリー)を5月28日(土)から発売いたします。

「Gran Free」(グランフリー)では、新たに開発したオリジナル建築構法「Gウォール構法」を採用し、従来以上のプランの自由度と将来の可変性の高さを実現しました。「Gウォール構法」とは、ツーバイフォー工法の構造躯体をさらに進化させ、独自に新開発した高強度の耐力壁「Gウォール」を採用したもので、50畳を超えるような大空間も可能となります。

「広々とした自由な住まい」を表現した「Gran Free」


「Gウォール構法」では、室内側の耐力壁をほとんど必要とせず、開口上部の下がり壁をなくすことができるため、ワンボックスの大空間でつながりを感じる自在なゾーニングができ、さまざまな暮らし方の可能性が広がります。例えば、両面収納の可動式棚により来客に応じた伸縮自在の空間を生み出すことや、ハイサッシなどで開放感のある室内空間を演出することができます。

新技術を活かした新たな空間創造と可変性の高い暮らしを提案し、都市部や都市近郊の新築から建て替えまで、幅広いお客様ニーズに応えてまいります。


商品概要

1. オリジナルの新技術、「Gウォール構法」を開発
高強度耐力壁「Gウォール」を採用した「Gウォール構法」が創造する大空間により、可変性が高く新しいインテリア空間を演出することができます。
  • 「Gウォール」は、構造の基本となる枠組壁の枠材と面材をさらに強化し、専用に開発した特殊ネジを用いてより強固にすることで、従来の耐力壁の2倍以上の強さを発揮します。
  • 「Gウォール構法」では、オリジナル金物と集成材を使用した新しい床組みシステムを採用しています。これによりハイサッシやハイドアなど縦方向はもちろん、横方向にも空間がワイドに広がります。
  • 室内の耐力壁をほとんど必要としないため、それにより生まれるワンボックスの大空間は、斜めや曲線の壁・家具など、自由な発想での間仕切りが可能です。将来の間取り変更や、用途の転換にもより対応しやすくなります。
  • 「Gウォール構法」では、ダイナミックなスロープシーリングで縦への広がりをプラスする「シザーストラス」、水平な天井面がのびやかに広がる「平行弦トラス」など外観デザイン毎にオリジナルの木造トラスを組み合わせることで、2階の大空間を最大限に活かすことができます。(「トラス」とは、三角形を単位として、その集合体で構成する高強度の構造形式のことです。)
  • 「Gウォール構法」は、平成22年12月24日に財団法人日本住宅・木材技術センターの木造住宅新工法性能認証を取得しました。


高強度耐力壁「Gウォール」

「Gウォール構法」の躯体イメージ

2. 暮らし方も間仕切りも自由自在、将来への可変も容易な大空間の「暮らし継がれる家」
  • 例えば、上下階の大空間を親子それぞれの世帯で活かした玄関共有の2世帯住宅では、親世帯スペースである1階の約55畳の大空間では、可動する造作家具やハイサッシを提案し、空間を自由に仕切れるようにしました。また、上下部がガラス張りの「空中ウォール」で、リビング・寝室・ダイニングなど各エリアをゆるやかにつなげました。子供の成長などライフスタイルの変化にあわせて部屋を仕切ったり、つなげたりできる2階の大空間は、弧を描く造作家具や、勉強や遊びの場となるキッズエリアをつなげました。
  • さらに空間提案のアイデアとして、ふんわりとした曲面ゾーニングや、ガラス張りのビルトインガレージを中央に配置する夢のくつろぎ空間など、さまざまな生活空間を演出することができます。
「Gウォール構法」による空間提案のアイデア例

天井までのハイサッシにした空間提案


ふんわり曲面ゾーニング


ビルトインガレージ空間

3. 外観デザインは、クリエイティブタイプとトラディショナルタイプを提案
  • クリエイティブタイプは、フラットルーフと片流れ屋根、水平ラインを軸にした力強いフォルムの中に、大きく弧を描く2階の連窓でスタイリッシュなイメージを演出しました。また、縦へと伸びる2本のバーチカルウォールとウィンドウトリムがアクセントとなっています。
  • トラディショナルタイプは、重厚な風格あふれるフォルムに、スクラッチタイルと水平ラインを強調する付梁に、深みのある緑色のサッシをあしらい、格調高い佇まいです。寄棟と切り妻を組み合わせた屋根が建物のフォルムを際立てます。

クリエイティブタイプ 外観


トラディショナルタイプ 外観


4. モデルハウス

西東京モデルハウス(東京都小平市):トラディショナルタイプ

5. 販売エリア

沖縄を除く全国

6. 参考価格(消費税込)

クリエイティブタイプ モデルプランの本体工事費
(施工床面積 251.23u:75.99 坪)
47,620,650円(坪単価 627 千円)

  • 価格は、建築エリアや敷地条件等によって異なります。
  • 基本性能を変えずに、さまざまなプランニングや仕様グレード設定が可能です。
本件に関するお問い合わせ先
三井ホーム株式会社 広報部 広報グループ
電話: 03-3346-4649

記事に問合せ先を掲載される場合は
フリーダイヤル TEL:0120-81-2431
URL:http://www.mitsuihome.co.jp
ニュース一覧に戻る

会社情報