自宅・賃貸併用住宅 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

賃貸住宅RENTAL HOUSE

検索

MENU

自宅・賃貸併用住宅COMBINATON HOUSE

MERIT自宅・賃貸併用住宅のメリット

自宅の一部を賃貸住宅として貸し出す自宅・賃貸併用住宅は、賃貸事業による賃料収入とともに、賃貸住宅と同等の節税効果があることをご存知でしょうか。
事業目的や立地条件・賃貸マーケットにより、検討すべき内容も異なります。
併用住宅の特性を活用し、収益向上や節税効果といった期待効果を最大化する手法を検討・提案致します。

01所得税

賃貸部分の必要経費(固定資産税・都市計画税・減価償却費・借入金の支払利息等)を賃貸収入から控除できます。不動産所得が少なくなれば所得税も少なくすることができます。

02固定資産税

土地
賃貸住宅では、200m2/戸以下の敷地が「小規模住宅用地」扱いとなり、課税標準額が固定資産税評価額の1/6まで軽減されます。
200m2超えの敷地では1/3となります。

建物
新築住宅(一定基準を充たしている)の場合、住居部分(120m2以下)の建物にかかる固定資産税が3年間1/2に軽減されます。
3階建ての耐火・準耐火建築物の場合は5年の間1/2に軽減されます。

03不動産取得税

一定条件を充たしている場合、固定資産税評価額から1,200万円が控除されます。賃貸併用住宅については戸数分、控除されます。