Spanish

欧米の住宅建築史を彩り、
人々に愛され続けるスパニッシュ様式

15世紀末のアメリカ大陸発見以来、スペインはいち早くフロリダのセントオーガスチンに
入植の拠点を設置。以後、メキシコからテキサス、カリフォルニアまでを支配していました。
アメリカ住宅史におけるスパニッシュ様式は、こうしたスペインの入植者たちが
故郷ヨーロッパから持ち込んだ建築に、アメリカ先住民族の様式を融合させながら
独特のスタイルを生み出し、アメリカ南西部で20世紀初頭に普及していったデザインの総称です。
このデザインスタイルは、スペインを発祥地としながらも、スペインの装飾的ディテールだけでなく
幾多の文化交流を経て、非常に多くの建築バリエーションを生み出しました。
三井ホームの「スパニッシュ」のベースとなったスパニッシュ・コロニアル・リバイバル様式は、
1915年にサン・ディエゴのパナマ・カリフォルニア博覧会において改めて紹介された
スパニッシュ様式の建築デザインで、赤茶色のスペイン風瓦屋根や曲線のアーチ状開口部など、
アメリカ南西部の気候や風土にマッチした佇まいが当時の人々の心をとらえました。
屋根の形状は切妻あるいは寄棟で、緩やかな勾配が特徴的。
外装は石やスタッコ(化粧漆喰)の素朴な質感をベースに、
重厚な木製扉と装飾的なアイアンワークがアクセントになっています。
こうしたスパニッシュ様式の美しいフォルムは、流行に左右されない普遍的な住宅建築デザインと
現在もアメリカ南西部を中心に高い人気を誇っています。
三井ホームは「スパニッシュ」にその様式を採り入れ、伝統的デザインをモチーフとした
「Clasico(クラシコ)」と、味わい深い佇まいの「Fresco(フレスコ)」という
2つの異なるテイストをもつ邸宅を誕生させました。

  • 「スパニッシュ」カタログ請求へ
  • 「スパニッシュ」についてのお問い合わせ・相談
    • クラシコタイプ
    • フレスコタイプ
  • 「スパニッシュ」の建築実例を見る
  • バーチャルモデルハウス
  • ※建物・仕様は、地域・敷地条件やお客様のご希望プラン等により掲載の内容(写真・イラスト・数値等)と一部異なる場合やオプションの設定になる場合があります。
  • ※商品・ライフスタイルの仕様は改良・改善のため予告なく変更し、また使用できなくなる場合があります。

TOPへ