クリニックのサイバーセキュリティ 多様化・巧妙化する攻撃に備える! | ドクターズ宝箱 | 医院建築 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

医院建築CLINIC BUILDING

検索

MENU

DOCTOR'S TREASURE BOXDOCTOR’S宝箱

クリニックのサイバーセキュリティ

多様化・巧妙化する攻撃に備える!

サイバー攻撃が多様化・巧妙化する昨今、電子カルテシステムの導入などデジタル化が進む医療機関も攻撃対象となる危険性が高まっています。もし、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)に代表されるサイバー攻撃でシステム障害が発生すれば、患者さんの情報が漏えいするなどのおそれもあります。クリニックが取り組んでおくべき対策は何か。NISC(内閣サイバーセキュリティセンター)と連携する組織である「医療セプター※」(※セプター=情報共有を行うための組織の単位)の事務局を務める日本医師会の石川広己常任理事に、そのポイントを伺いました。

続きを閲覧するにはログインまたは会員登録が必要です。