院内報で患者さんとの距離を縮めよう | ドクターズ宝箱 | 医院建築 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

医院建築CLINIC BUILDING

検索

MENU

DOCTOR'S TREASURE BOXDOCTOR’S宝箱

院内報で患者さんとの距離を縮めよう

クリニックの経営を安定させるためには、自院に信頼を寄せ、「ホームドクター」としてくれる患者さんを増やすことが大切です。クリニックと患者さんとのコミュニケーションツールである院内報は、クリニックや院長に対する患者さんの親近感を高め、ファンづくりに貢献すると言われています。発行にあたって、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。医療機関のマーケティングや広報支援を手掛ける、メディアコンテンツファクトリーの毛塚牧人社長に、その勘所を伺いました。

続きを閲覧するにはログインまたは会員登録が必要です。