相続にも影響 「医療法人を考える」 | ドクターズ宝箱 | 医院建築 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

医院建築CLINIC BUILDING

検索

MENU

DOCTOR'S TREASURE BOXDOCTOR’S宝箱

相続にも影響 「医療法人を考える」

現在設立が認められる医療法人は「持分なし」のみ。「持分あり」からの移行の際に押さえておきたいポイントを解説

開業して診療所経営が軌道に乗ったら、次に考えるのは医療法人化でしょう。医療法人にも種類があり、現在設立できるのは「持分なし」のタイプですが、既にある医療法人の大半は「持分あり」で、「あり」から「なし」への移行も可能です。医療法人化のメリットや持分の意味、その有無による違い、設立・移行の判断について、税理士法人青木会計代表社員の青木惠一さんにお聞きしました。

続きを閲覧するにはログインまたは会員登録が必要です。