成功する診療所のポイント | 医院建築 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

医院建築CLINIC BUILDING

検索

MENU

成功する診療所のポイント

成功する診療所の為に
「立地選定」「物件選定」は大変重要です。
ここでは「立地選定」「物件選定」を行う際の
ポイントをご紹介します。

立地選定

開業候補エリアの選定には様々な要素を複合的に検討する必要があります。開業場所の選定が、新規開業が成功するか否かの重要なポイントになります。「診療圏調査」による客観的な判断をお勧めします。

立地選定の主なポイント

  • ご自宅、ご実家近く:周辺エリアのことをわかっている
  • 勤務先の病院の周辺:担当している患者様を継続して診療できる可能性がある
  • 集客施設はあるか:スーパーマーケット、ショッピングモール、小中学校など
  • 街を分断する要素はないか:河川、鉄道、バイパス(大きな通り)など
  • 競合医院の実態:場所や数は当然だが、競合の院長の年齢なども調べる
  • 標榜科の指示人口はあるか:人口数だけでなく人口構成比を見る

診療圏調査の重要性

  • いまは、開業すれば患者がすぐに集まるという時代ではありません。市場のニーズを把握してうまくアピールする必要があります。
  • 開業の際には必ずマーケットリサーチ(診療圏調査)を行い、市場性を確認する必要があります。
  • 開業直後の来院患者の増え方、経営の立ちあがり方は、確実に立地条件を反映しますので、診療圏調査においては、まず以下の情報をつかむことが重要です。
    1. 患者が来院する可能性が高いか
    2. 1日当たりの推定患者数
    3. 競合医療機関の有無とその現状

物件選定

限られたスペースを最大限有効に活用するために、ベースとなる物件の選定には十分な検討が必要です。ここでは、戸建医院の場合、ビル内診療所の場合に分けて、開業物件選定のためのポイントを掲載します。

1. 戸建医院の場合

  • 敷地の法的規制の確認(建ぺい率、容積率、北側斜線、道路斜線、調整区域等)
  • バリアフリー新法(福祉のまちづくり条例)
  • 駐車場が確保できるか
  • 戸建医院借地の契約年数は何年間結べるか(事業用、一般定期借地)

2. ビル内診療所の場合

  • テナントスペースが駐車場等で申請された違法スペースでないこと
  • 電気、給排水、空調換気などビルの設備仕様が医院として利用可能か
  • X線装置設置・排水のための天井高が確保できるか
  • CTやMRIなどの大型医療機器を設置する場合、搬入可能な出入口は
    あるか
  • ビルまたは近隣に駐車場、駐輪場を確保できるか
  • テナントビルへの看板設置は可能か

三井ホームグループは様々な医院開業を
総合的にサポートします。

立地・物件の選定から、患者様に選ばれるスペースデザインまで、ドクターには専門家のサポートが必要です。三井ホームグループは、4,700件を超える医院・福祉施設建築実績から蓄積されたノウハウと確かな技術力をもとに、各分野のプロが医院開業を総合的にサポート。「戸建医院」「ドクターズレントハウス」「ビル内診療所」「事業承継」など、様々な開業のかたちをサポートします。

※三井ホーム調べ(2018年12月現在)

WITH DOCTORS 会員様専用コンテンツ

独立開業をご検討されている先生はもちろんのこと、開業医としてご活躍中の先生の医院建替えやリフォーム、事業承継、資産についてのご相談まで、ご登録いただいた先生方のご相談やご計画の内容に合わせた資料と情報をお届けします。

新規会員登録(無料)