今と将来を見据えた、健康で快適な暮らしの工夫。

三井ホームは丈夫で長持ちする家を建てるだけではなく、住まう人にも健康で快適な暮らしを続けてほしいと考えています。
そのため、ずっと健やかに過ごせるように、「オークリーⅡ」には将来のライフステージの変化まで見据えた暮らしのアイデアを盛り込みました。
家づくりの豊富な経験やノウハウをもとに、心身ともに健やかな住み心地を将来にわたってお届けします。

健康をつくる「快眠」のために

心地よい「眠り」や「目覚め」をもたらす照明計画
夜間は電球色の落ち着いた間接光で一日の疲れを癒し、就寝中はほんのり足元照明。朝の起床前後は白色の光で徐々に照度をアップ。LED照明で「眠り」や「目覚め」に適した光をコントロールし、健康的な生活をサポートする照明計画を採用しています。

夜間(休息時)夜中(就寝中)朝(起床前後)

ストレスフリーな「収納」のために

見せる収納と隠す収納
いつも使うモノは忘れないように、飾り棚などを利用した「見える収納」に。 そのほかは「隠す収納」に。必要なときにすぐ取り出せるよう、使う場所の近くに収納を設けましょう。直感で分かりやすいことがポイントです。棚を使って一目で見渡せるようにすれば、すぐに探し出せ、余分なモノも増えません。

将来の「安心・安全」のために

動線を考慮した将来への備え
和・ヌックを寝室とした場合、トイレや洗面・浴室といった水廻りには、あらかじめスムーズな動線が考慮されています。また、車椅子での利用に配慮し、簡単にトイレを広げられる設計にもなっています。

人が集う、
心地よいガーデンライフを愉しむ。

人と人とのコミュニティーを育む空間として、自然とのつながりや五感への癒しの場所として、環境を大切に考えながら心地よいガーデンをつくってみませんか。
三井ホームのオークリーⅡは、
「スマートガーデンズ」で庭から
考える家づくりを提案します。

庭を見渡すフロントポーチ

室内と庭との間に設けたフロントポーチは、少人数で集うプライベート空間。軒下に椅子やテーブルを置いてくつろげば、庭の緑を眺めながら心もやすらぎます。

庭で食を愉しむコミュニケーション

石窯でピザを焼いたり、家庭菜園の野菜をその場で料理したり。料理や食事ができる庭にはつねに人が集い、生き生きとした暮らしが体感できます。

美しい「ポタジェ」のある暮らし

ポタジェとは、家庭菜園を意味するフランス語。果樹、野菜、ハーブ、草花などを混植した実用と鑑賞を兼ね備えた庭。野菜づくりを愉しむ暮らしは、おしゃれで美しいライフスタイルです。

  • 「オークリー2」カタログ請求
  • 「オークリー2」についてのお問い合わせ・相談
  • 「オークリー2」のモデルハウス
  • 深い軒と水平ラインがつくる自然と人の心をつなぐ家。 Oakley
  • ※建物・仕様は、地域・敷地条件やお客様のご希望プラン等により掲載の内容(写真・イラスト・数値等)と一部異なる場合やオプションの設定になる場合があります。
  • ※商品・ライフスタイルの仕様は改良・改善のため予告なく変更し、また使用できなくなる場合があります。

TOPへ