2024
ENTRY
2023
ENTRY
INTERNSHIP 2022

仕事の魅力

私の役割と想い

設計担当

池田 達彦

千葉事業本部
柏支店 松戸営業所

CAREER

→
工学部 建築学科 横浜支店~神奈川支店
注文住宅営業
人事部 人材開発グループ
採用・研修担当
柏支店 松戸営業所
設計担当
2005年 入社

職種紹介

01

お客さまとの出会い

モデルハウスでの接客や、お客さま・法人団体からのご紹介によってお客さまとの出会いがあります。住まいづくりのパートナーとして私たちを信頼していただけるよう、対応力や人間的な魅力を真撃に伝えます。

営業担当

営業担当

▼

02

ディスカッション

お客さまにとって「住まいづくり」は人生の一大イベントです。お客さまのご要望をお聞きし、夢やライフスタイル、価値観などを共有します。徹底的に対話を重ね、隠れたニーズや想いを引き出し、イメージを具現化します。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

▼

03

プラン作成・プレゼン

じっくりとディスカッションした内容をもとに、平面図、外観パース、インテリアイメージ、エクステリアイメージなどをご提案します。お客さまにとって住まいづくりは一生に何度とないお買い物。お客さまが納得できるよう、こだわりのプラン作成を行います。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

▼

04

ご契約・詳細打ち合わせ

晴れてご契約いただいた後は、着工を目指して設計の細部を詰めていきます。外観・間取りに加え、スイッチやコンセントの位置などの細部、キッチン・家具・照明・カーテンなど、完成後の快適で豊かな暮らしを一緒にイメージしながら決めていきます。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

+
工事担当

工事担当

▼

05

着工・お引渡し

いよいよ着工へ。基礎工事、建方工事、内・外部の造作工事を行い、三井ホームの社内検査とお客さま検査の竣工確認を終えれば、いよいよお引渡しです。お客さまの喜ばれる姿やご家族の幸せを形にできた喜びで、私たちもまた幸せな気持ちになります。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

+
工事担当

工事担当

▼

06

アフターフォロー

お客さまが新生活をスタートさせた後は、折りにふれてご訪問して暮らし心地を伺う他、日常的なアフターサービスが行われます。お客様との関係は、完成した家を引渡したら終わりではありません。その住まいでご家族が新たな生活をスタートさせてから「一生涯のお付き合い」が始まるのです。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

+
工事担当

工事担当

お客さまの住まいの夢を一つひとつかたちに。

お客さまの住まいの夢を
一つひとつかたちに

大学で建築を学んでいた私は、人が働いたり寛いだりする居住空間のデザインに興味を持ち、卒業後はその提案や設計に携われる仕事がしたいと考えていました。ハウスメーカーの他に家具メーカーを志望していたのも、そうした理由からです。三井ホームが第一志望だったのは、デザイン性と住宅性能の高さを兼ね備えたトップブランドであるとともに、お客さまから見て設計の自由度が最も高いメーカーだったことが決め手でした。

実際に、当社の設計担当は、お客さまと深いコミュニケーションを取り、ご要望や願いをできる限り受け止め、それを注文住宅設計の中に注ぎ込んでいく仕事です。お客さまの新しい住まいに対するイメージは、時として抽象的で、奔放なスケールだったりします。そのエッセンスをできるだけ損なわないように創意工夫を凝らして、現実の外観デザインや間取り、設備の仕様などに落とし込んでいくのが、私たち設計担当の役割といえるでしょう。

お客さまの笑顔のために必ず現地に足を運ぶ。

お客さまの笑顔のために
必ず現地に足を運ぶ

私が設計を進める上でこだわっているのは、お客さまに心から歓んでいただけるプランを引き出すことです。そのために、住宅設計のセオリーを敢えて踏襲しないケースもあります。たとえば、周囲の高低差や道路からの建物の見え方を踏まえて、常識的な南側リビングの間取りを採用しない設計を提案することもあります。以前、私の担当したある案件で、当社を含め住宅メーカー4社が競合したことがありました。他の3社は常識的な間取りを提案したのですが、どれも似た内容。一方の私は立地の特性を活かして敷地にフィットした間取りを考え抜いて提案したところ、お客さまから「求めていたのは、まさに三井ホームさんの提案でした」と歓んでいただけたのです。

私は、こうしたお客さまの心に響く提案のために、たとえ遠方の都道府県であったとしても、設計前に必ず建設予定地に足を運びます。そこに立つと、写真やストリートビューからは伝わってこない、その土地にとって最善のプランが見えてくるのです。

ある1週間の流れ

9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 会議 打合せ準備 昼食 勉強会 お客さまと打合せ 図面修正内容まとめ プラン作成 休み 休み 打合せ準備 会食 営業と打合せ 引継準備作業 会議 打合せ準備 会議 地盤判定 昼食 お客さまと打合せ 図面修正依頼 打合せ準備 お客さまと打合せ 移動-昼食 お客さまと打合せ プラン検討 引渡し 重要事項説明 昼食 重要事項説明 お客さまと打合せ 図面修正依頼 プラン検討
家族の未来までイメージする設計。

家族の未来まで
イメージする設計

注文住宅設計の面白さでもあり、難しさでもあると感じるのは、本当に自由なプランニングが可能であることから、お客さまの顕在化しているニーズだけではなく、その奥にある未来の潜在的なニーズも察知して設計に織り込んでいけるということです。

お客さまのライフスタイルやご家族の構成は、年月とともに変化していきます。それを予見して、いつまでも心地良くて使いやすい住まいを考え抜かなければならないのです。それにはお客さまに真摯に接するのは言うまでもなく、設計士として思ったことを率直に伝えることも大事だと考えています。こうして得た信頼関係が土台となって、お客さまは設計全般を任せてくれます。 先般、かなり前にお引渡しをさせていただいたお客さまからメールをいただきました。そこには、「当時、池田さんがそこまで私たちのことを考えて設計してくれていたんだと今になって気付き、感動しました」と書かれていました。私にとって、設計者冥利に尽きるメッセージでした。

TOP INTERNSHIP 2022 サイトはこちら