2024
ENTRY
2023
ENTRY
INTERNSHIP 2022

仕事の魅力

「想い」以上の ものを創る

注文工事

荒井 優佑

埼玉建設事業部
施工グループ

CAREER

→
工学研究科機械工学専攻 東北支店 建設事業グループ 埼玉建設事業部 施工グループ
2017年 入社

職種紹介

01

お客さまとの出会い

モデルハウスでの接客や、お客さま・法人団体からのご紹介によってお客さまとの出会いがあります。住まいづくりのパートナーとして私たちを信頼していただけるよう、対応力や人間的な魅力を真撃に伝えます。

営業担当

営業担当

▼

02

ディスカッション

お客さまにとって「住まいづくり」は人生の一大イベントです。お客さまのご要望をお聞きし、夢やライフスタイル、価値観などを共有します。徹底的に対話を重ね、隠れたニーズや想いを引き出し、イメージを具現化します。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

▼

03

プラン作成・プレゼン

じっくりとディスカッションした内容をもとに、平面図、外観パース、インテリアイメージ、エクステリアイメージなどをご提案します。お客さまにとって住まいづくりは一生に何度とないお買い物。お客さまが納得できるよう、こだわりのプラン作成を行います。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

▼

04

ご契約・詳細打ち合わせ

晴れてご契約いただいた後は、着工を目指して設計の細部を詰めていきます。外観・間取りに加え、スイッチやコンセントの位置などの細部、キッチン・家具・照明・カーテンなど、完成後の快適で豊かな暮らしを一緒にイメージしながら決めていきます。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

+
工事担当

工事担当

▼

05

着工・お引渡し

いよいよ着工に。基礎工事、建方工事、内・外部の造作工事を行い、三井ホームの社内検査とお客さま検査の竣工確認を終えれば、いよいよお引渡しです。お客さまの喜ばれる姿やご家族の幸せを形にできた喜びで、私たちもまた幸せな気持ちになります。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

+
工事担当

工事担当

▼

06

アフターフォロー

お客さまが新生活をスタートさせた後は、折りにふれてご訪問して暮らし心地を伺う他、日常的なアフターサービスが行われます。お客様との関係は、完成した家を引渡したら終わりではありません。その住まいでご家族が新たな生活をスタートさせてから「一生涯のお付き合い」が始まるのです。

営業担当

営業担当

+
設計担当

設計担当

+
工事担当

工事担当

未来の住宅開発に携わりたいと考え入社

未来の住宅開発に
携わりたいと考え入社

私が大学院で専攻した修了までの研究テーマは「住宅に利用する再生可能エネルギー(以下再エネ)システム」でした。就活では、社会人になってからも再エネ設備を本格的に取り入れた住宅の開発を行いたいと考え、住宅メーカーを数多くまわりました。その中で三井ホームを第一志望に選んだのは、抜き出たデザイン力の高さと、質の高い住宅を追求する風土を感じ取ったからです。

三井ホームでは、新卒で入社した社員は営業、設計、工事のいずれかに配属されます。私も入社から現在まで、工事担当として1棟1棟で設計内容の異なる注文住宅の施工管理を担ってきました。いずれは住宅の再エネ技術に携わりたいと考えていますが、施工管理の仕事では三井ホームの住まいづくりに対する姿勢や、お客さまの住まいに対するさまざまな想いを学べることで、日々大きなやり甲斐を感じています。三井ホームの施工管理は、未来の住宅開発に挑む私にとって、確かな礎となるキャリアなのです。

お客さまの満足度を最後まで追求していく

お客さまの満足度を
最後まで追求していく

設計担当から渡される施工図面には、施工の視点からはまだまだお客さまの想いや意図を盛り込む余地が残っています。図面や現場を確認した際に、改善した方が良いと思う箇所を見つけるときもあります。その際はお客さまに積極的に修正を提案しています。また、着工後であっても、工事を進めていくうちにお客さまも私たちも改めて気付くことがあり、なかにはお客さまが「イメージしていたものと違う」と、ご不満を述べられるケースもあります。このような場合も、私はお客さまの希望に沿うように施工管理のプロとしての費用面も含めた解決策を示すようにしています。

新たな手配が発生するとしても、お客さまがお住まいになった後の満足感を第一に考えて対応するのが、私の基本姿勢です。住まいづくりの最終工程を任される工事担当は、安全・品質・納期・利益などで多くの責任を負うことに誇りを持ち、お客さまに三井ホームを選んで本当に良かったと思っていただくための最後の砦のような存在であると自負しているのです。

ある1週間の流れ

9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 朝礼 現場巡回 現場検査 図面チェック 事務処理 現場巡回 解体打合せ 移動 営業・設計・工事
三者打合せ
打合せ
書類作成
休み 安全パトロール 協力会社会議 代理人会会議 事務処理 現場検査 現場検査
外構打合せ
移動 現場
打合せ準備
打合せ書類作成
お引渡し 上棟打合せ 現場巡回 休み
厳しい要求に応え最高の評価を得る

厳しい要求に応え
最高の評価を得る

そうした私の姿勢がお客さまに伝わり、高い評価につながることがあります。1年前に担当したある案件は、建物面積こそ平均的な大きさより少し大きい規模でしたが、設備や部材の仕様が最高級レベルで、建築価格がかなりの高額になるだけにお客さまの想いも相当に強いものでした。営業と設計の各担当者から、綿密な打ち合わせを何度も重ねて工事部門にバトンがつながったことが伝えられましたが、施工段階に入ってもお客さまからの細かな注文や指摘が相次ぎました。そのほとんどが、通常なら問題視されないものです。私は苦心しながらも、一つひとつに誠意を持って対応していきました。そして最終的にはたいへんご満足いただき、感動的なコメントを頂いたのです。その内容は、住宅施工に関するさまざまな制約をお客さまのために幾度となく乗り越えようとしてきた私への身に余る賛辞と工事担当の仕事に対するご理解でした。お客さまの想いを超えた住まいづくりの経験が感動につながったのだと思います。私としても、私自身の価値を存分に発揮できたことから、生涯忘れることのできない案件になりました。

TOP INTERNSHIP 2022 サイトはこちら