庭へと続く、外と室内とのつながりを大切にした家 | 建築実例 | 戸建住宅 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

戸建住宅HOME

検索

MENU

庭へと続く、
外と室内とのつながりを大切にした家

ナチュラルテイストの家を建てたいと考えていたご夫妻が持っていた世界観と「ソノマ」の世界観が本当にぴったりだったと、語るお二人。土地探しから三井ホームと相談、公園前の日当たりのいい角地に光あふれるナチュラルな家を完成させた。

エクステリア

周辺は、新たに開発された活気にあふれた街区。緑の眩しい公園と調和する外観は、ゆるやかな勾配屋根にライトオークの木製サイディングをポイントに配置した。敷地の南側に最大限庭を広くとり、芝生を敷き詰め、「ガーデニングが趣味に加わった」と、笑うG様が花々やハーブを楽しみながら育てている。

インテリア

「横にも縦にもつながり、開放感のある家にしたかった」と、G様ご夫妻。また、「家族の気配をいつも感じられるように」と。それは偶然にも「ソノマ」のコンセプトと重なっていた。吹き抜けのリビング・ダイニングは、どこもかしこも窓、と感じるくらいのびやかで明るい。そして、特徴的なのは、ナラ材のパーケットフローリングの床だ。G様ご夫妻が揃えた北欧スタイルの家具がマッチし、カジュアルになりすぎず、上質なナチュラル感あふれる空間の決め手となっている。また、玄関ホールの近くに書斎コーナーを、キッチンカウンター前にお子さん用のコーナーなど、一人の時間を満喫できるスペースも設えた。

エピソード

庭へのつながりを大切に考え、リビングの床とウッドデッキは同じ高さに。ウッドデッキのステップの幅を広く取り、庭との出入りが自然にできて芝生の緑が本当に近く感じる。「こんなにも窓がたくさんあるから、普通でしたら寒かったり暑かったりしますよね、それが全くない。全館空調システムのおかげです」と、G様。設計士の資格をもつG様が見識と感性で選んだ快適な暮らしだ。

VOICE

「ソノマ」のモデルハウスで配置されているスケルトンの階段をぜひ取り入れたいと、G様から強いご希望をいただいた。設計士が家の配置から何度も計算し直し、理想の場所、リビング・ダイニングの北側に実現させた。スクエアの大きな窓からも光が入り、階段の抜け感が一段と映える。広さも明るさも文句なしのリビング・ダイニングの仕上がりになった。

other cases

建築実例一覧に戻る