白亜の城をイメージしたエレガントな家 | 建築実例 | 戸建住宅 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

戸建住宅HOME

検索

MENU

白亜の城をイメージした
エレガントな家

「映画に出てくるような、小高い丘の上に立つ白亜の城がイメージ」というK様のリクエストに、白を基調にした重厚感のある外観、そして天然石やロートアイアン、装飾パネルなどを配置し、エレガントな空間を演出した。

エクステリア

ヨーロッパの伝統的な手法を取り入れ、白いタイルやモールディング、横のラインを強調したストライプ仕上げの意匠で構成された外壁、窓を縁取るトリミングの装飾など、複数の素材や手法で豊かさと深みを表現した。

インテリア

優雅な印象のリビングは、キッチンも庭も見渡せるエレガントな空間。効果的に演出しているのが、ご夫妻が海外の住宅を参考にぜひ取り入れたいと希望されたドーム型の連窓だ。その窓から四季折々目を楽しませてくれる樹木は、K様ご自身が銘柄を選び植栽したもの。「窓際のオットマン付きのソファのコーナーは夫の指定席なの」と、笑顔で語る奥様。
そして、エレガントな雰囲気は子ども部屋にも。妖精が舞うキュートな柄とピンクの輸入クロスで部屋全体をコーディネート。小屋裏へ続く階段はおとぎの国への入り口のようだと、お嬢さんのお気に入りのスペースだ。

エピソード

ご夫妻が三井ホームで家を建てたようと思ったのには2つの大きな理由があった。ひとつは、健康空調システムを取り入れたかったこと。「思った以上に快適で、冬もTシャツ・短パンで休んでいます」「先日バーベキューパーティを開いたのですが、全く臭いが気になりませんでした」とK様。温度や湿度を一定に保つだけでなく空気清浄機の役割もあるのが健康空調システムの特徴だ。もう一つは、40年ほど前に奥様の実家とK様がオフィスとして使っている家を三井ホームで建てていたのだが、先日耐震診断を受けたら、そのどちらにも「耐震のための補強は必要ない」という判定が。「その設計、構造や施工についての信頼が、三井ホームで3軒目を建てよう」という決心に繋がったと話してくれた。

VOICE

玄関は、奥様が気に入られた「シュシュ」から取り入れた。上がり框、シューズクローク、下がり天井と曲線が幾重にも重なりより華やかに。そして「舞台から降りてくるような雰囲気の階段をつくりたい」と、K様がオーダーしたアイアンを配した階段がアクセントに。リビングのドーム型の連窓やキッチン側の大きな装飾パネルなどもK様からのご希望を伺い、設計に取り入れたものだ。だからこそ、家族と一緒に、時間とともに味わいを深めていく特別な家となった。

other cases

建築実例一覧に戻る