神奈川県 I様邸 | 満ち足りた時を刻む家 | 戸建住宅 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

戸建住宅HOME

検索

MENU

2015年撮影

海に臨む高台に誂えた、太陽が遊ぶ5層の家。
1980年竣工 神奈川県 I様邸

エレガントな白いサイディングとドーマー窓が印象深い、アメリカの住宅を彷彿とさせる美しい外観デザイン。眺める角度によって表情を変えるI様のお住まいは、当時珍しかった地下室や、リズミカルなスキップフロアのある5層構造です。海に臨む高台に建てられた佇まいは、幼かったふたりのご子息の成長とともに、35年にわたってご家族の暮らしを包み込んできました。その間、ご家族の成長やライフスタイルの変化にともなって、少しずつ間取りを変えたり手を加えながら、心地よさや美しさを保ち続けています。そしてご子息が巣立った今、I様ご夫妻は愛犬とともに家族の記憶が刻まれたこのお住まいで、毎日を健やかに過ごしています。

雑誌で見たアメリカンハウスに惹かれ、その魅力を存分に取り入れました。
これからも手を入れながら、長く住み続けます。

親戚に若い頃アメリカへ留学していた叔父がいまして、アメリカのツーバイフォーの魅力を聞かされていたのです。たとえば、耐震性や耐火性に優れているとか……。そのせいか家を建てるならツーバイフォーと思っていました。当時はこの新しい工法の家が日本でも立ち始めた時期で、住宅雑誌などでさまざまな情報を得るとともに、住宅展示場のモデルハウスも見て回ったものです。そして出会ったのが、三井ホームの地下室付住宅でした。三井ホームを選んだ決め手は、まさにこの地下室ですね。というのも、購入した土地はやや狭く感じたので、何とか居住空間を増やせないものかと考えていたのです。今なら3階建や地下室は当たり前かもしれませんが、当時は地下室のある家は珍しかったと思います。地下室というと窓がなくて暗いイメージですが、室内は南面にドライエリアがあるので比較的明るいです。予算的には大きな出費でしたが今も満足しています。息子たちがいた頃は、海水浴のついでに友達を連れてきて、庭でバーベキューの後、地下室でくつろいでいましたよ。

35年前に提案されたご自宅の模型。こだわりある個性豊かなデザインが見て取れる。

外観は当時のアメリカの雑誌で見たデザインを参考にしました。白いサイディングの外壁やプランにはかなりこだわりました。ダイニング・キッチンの床は玄関ホールより一段低く、テラスとの段差をなくしました。ガレージの上に中2階のリビングがあり、地下室付きの2階建ですから、建物は5層構造になっています。初めて訪れた人は、スキップフロアに驚いていましたね。特に子どもには人気で、姪っ子などは家中を遊び場にしていますよ。

自宅を建てている間にプレゼントされたという、お父様自作の帆船模型。精巧な造りは、趣味の域を超えている。

義父も私も昔はヨットが趣味だったのですが、やがて義父は帆船模型制作に熱中しはじめました。その数たるや相当なもので、それらを譲り受け、家中のいたるところに思い出として飾っています。大好きなビュフェの絵を飾っているリビングには、新築時にプレゼントされた一艇が置かれています。ヨットをイメージした部屋にしたかったので、帆船模型を置くと理想の雰囲気に近づきました。この部屋はフォーマルな応接間として設え、当時はたくさんの人を招いて楽しんだものです。

奥様によるチャイナペインティングの作品。右は家族の一員である愛犬・通称ピーちゃん。

海を連想させる白いサイディングと青いタイルに、色とりどりの草花が映える美しい庭。

other cases

経年住宅一覧に戻る