暮らし継がれる家 三井ホーム

戸建住宅HOME

検索

MENU

実証。三井ホームの耐震技術。

お客様の声掲載中

震度7に60回耐えた家

私たちは、実際に起きた地震より、さらに過酷な耐震実験に挑戦し、これまでの常識を超える
強い揺れにも耐えられるかを検証しています。最新の実験では、震度7連続60回にも耐え抜きました。
地震があったとき、いちばん揺らいではいけないのは、そこに住む家族の暮らしだと思うから。
それを守りぬくために、私たち三井ホームは、技術と知恵をどこまでも磨きつづけます。

実証実験1 2階建耐震実験

※プレミアムモノコックタイプGにて実験

加振最大加速度 5,115gal 加振最大速度 231kine 震度7連続加振回数 60回

2016年7月11日・12日・13日 /国立研究開発法人 土木研究所

実証実験2 3階建耐震実験

※プレミアムモノコックタイプSにて実験

加振最大加速度 4,176gal 加振最大速度 183kine 震度7連続加振回数 29回

2016年6月2日・3日 /国立研究開発法人 土木研究所

gal:加振最大加速度

gal:地震の瞬間的な衝撃力の大きさを表す単位
世界の地震観測史上最大値である4,022galを上回る衝撃に対し、大きな損傷はありませんでした。

(熊本地震:1,580gal/東日本大震災:2,933gal
/阪神・淡路大震災:891gal)

kine:加振最大速度

kine:地盤の揺れの速さを表す単位
熊本地震で震度7を観測した益城町の186kine※を上回る振動に対し、損傷はありませんでした。
※三井ホーム解析値

(東日本大震災:106kine/阪神・淡路大震災:112.1kine)

震度7連続加振回数

三井ホームは、3日間の実験期間中、震度7の地震波60回の加振に耐え、構造躯体の強さを実証しました。※プレミアムモノコックGタイプ

※入力地振動の数値ではありません。実験時に振動台で計測された実測値です。

三井ホームは40年以上全・半壊ゼロ

三井ホームは設立以来、地震の揺れによる全・半壊は1棟もありません。過去5つの大きな震災において全棟調査した結果、構造躯体の損傷はほとんど無く、家具等の転倒も少ないことから、揺れにくく、優れた耐震性を有した構造であることを改めて実証しました。これらの報告書は関係省庁や大学に提出し、公表しています。

全・半壊の定義は、以下三井ホーム定義によるものです。

  • 全壊:倒壊、あるいは完全修復が著しく困難なもの
  • 半壊:全壊には至っていないが、建物に完全修復が
    困難な箇所を有するもの

お客様の声

熊本地震を経験した3名の医師の方に、インタビューをさせていただきました。
地震発生時の状況や耐震性の重要性についてお話しいただいています。

  • 普段から地域医療を下支えするというのが、街の診療所の役割だと思います。
    それが災害時にもきちんと機能するというためには、やはり耐震性が高い建物で
    あるということが、重要であると実感いたしました。

  • あれだけの揺れで、もう家は壊れるかって思うくらい、私はうずくまってしまうしか何もできなかった状況で。
    あとで家を見て回ったときに、何も起こってないというのが非常に不思議でした。
    とても強いんだなというのが、すごく改めて感じました。

  • 三井ホームに決めた理由は地震に強いということもありましたし、1995年の阪神・淡路大震災で、一棟も壊れなかったという話は聞いておりました。それなら三井ホームの建物なら大丈夫だろう、安全だろうということで、こちらのクリニックに集合するように決めたわけですね。

過去の地震の詳細

地震名 マグニチュード(※) 最大震度 主な地震波
観測点 震度 加速度
(gal)
速度
(kine)
兵庫県南部地震1995年(平成7年) 7.3 7 神戸海洋気象台(JMA神戸) 6強 891 112.1
東北地方太平洋沖地震2011年(平成23年) 9.0 7 栗原市築館(K-NET築館) 7 2,933 106
新潟県中越地震2004年(平成16年) 6.8 7 川口町川口 7 1,722 148.3
熊本地震(前震)2016年(平成28年) 6.5 7 益城町宮園 7 817 138
熊本地震(本震)2016年(平成28年) 7.3 7 益城町宮園 7 899 186

※東北地方太平洋沖地震のみモーメントマグニチュード。その他は気象庁マグニチュードを示す。

世界の約20%の地震が集中する地震大国・日本

日本で発生する地震の回数は他国と比べて非常に多く、その性質は多種多様です。一言で大地震と言っても、揺れ方は地震により、また同じ地震でもエリアによりまったく違います。小刻みな揺れ、大きな揺れ、縦揺れ、横揺れ、早い揺れ、遅い揺れ…。過去にはさまざまな地震動が日本で観測されています。

世界の地震の数

2000年から2009年の合計。日本については気象庁、世界については米国地質調査調査所(USGS)の震源資料を元に内閣府作成。

想定外を想定する、過酷な耐震実験の意義。

様々な地震の性質
日本の観測史上、震度7を記録した地震は5回あります。阪神淡路大震災の兵庫県南部地震、新潟県中越地震、東日本大震災の東北地方太平洋沖地震、熊本地震の前震と本震。しかし、同じ震度7でも、地震の性質はさまざま。

地震の性質について
地震の瞬間的な衝撃力を表す地動加速度(gal)が大きな地震の事例では、東日本大震災が挙げられます。宮城県栗原市で観測された地震動は約3000gal。地動加速度(gal)の大きなこの地震波は、周期の短い小刻みな揺れであり、固い建物にとっては共振を起こしやすい地震動です。それに対し、阪神淡路大震災や熊本地震は比較的周期が長く地動速度(kine)が大きな地震動です。地動速度(kine)は倒壊被害との関係が深く、阪神淡路大震災で約170kine、熊本地震で180kine以上という非常に大きな数値が計測されています。
実験内容
今回の耐震実験では、あらゆる可能性を検討し、自然界では到底起こりえない過酷な条件で検証を行ないました。震度6強以上のさまざまな揺れ方の大地震を16種類、連続65回。(その内震度7は12種類、60回)想定外を想定することで、あらゆるタイプの地震動に対して安心安全な住宅を目指しています。※震度4以上は、125回実施。

豊かな暮らしを守るため、三井ホームはこれからも実験を続けていきます。

想定外ゼロへの取り組み
日本で暮らす以上、地震から逃れることはできません。そのため、家族の生命と財産を守る住宅に求められる最も重要な性能が耐震性です。三井ホームの役割は、第一にお客様のご家族の安全を守る住宅を提供すること。安全については、想定外があってはいけません。弛まぬ努力が、想定外を0に近づける唯一の方法です。三井ホームはあらゆる可能性を想定し、これからも耐震実験を続けていきます。

PREMIUM MONOCOQUE

強さの秘密、プレミアム・モノコック構法 壁面で衝撃を分散・吸収

「プレミアム・モノコック構法」は、基礎・床・壁・屋根の6面体を1単位として空間をつくる「枠組壁工法(ツーバイフォー)」に、「マットスラブ」「BSウォール」「ダブルシールドパネル」等の三井ホームオリジナル技術を加えた最新構法。長年の研究から生まれたテクノロジーの粋を集めた三井ホーム独自のモノコック構法です。

プレミアム・モノコックについてさらに詳しく

テクノロジーページ

カタログ請求