「WESTWOOD(ウエストウッド)」が「2016年度 グッドデザイン賞」を受賞 | 2016年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2016.09.29
「WESTWOOD(ウエストウッド)」が「2016年度 グッドデザイン賞」を受賞 ~5年連続 通算24点目の受賞~

アンド・アース

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:市川俊英)は、2015年12月発売の新商品「WESTWOOD(ウエストウッド)」が、このたび2016年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことをお知らせいたします。
「WESTWOOD(ウエストウッド)」は2015年冬に、人々のライフスタイルが多様化する中、少人数世帯に向けた効率的でゆとりある生活を提案する「新しい平屋」の商品として発売されました。平屋でありながら伸びやかに広がる大空間(グレートリビング)や、こもり感のある快適な屋根裏空間も実現しています。
当社は、今後も人々のライフスタイルに柔軟に対応した居心地の良い空間提案を目指し、地域環境にも配慮する健康・安全・安心な暮らしを提供してまいります。

「WESTWOOD(ウエストウッド)」の外観
「WESTWOOD(ウエストウッド)」の外観

1.審査委員評価ポイント

当社独自の「プレミアム・モノコック構法」※1と健康空調システム「スマートブリーズ」※2による快適な屋根裏空間を設けたフラットな住空間を実現した結果、「世帯人数の減少や住み手の高齢化などに対応するよう、基本的な生活をすべてワンフロアで展開できるようになっている。屋根断熱等により大きなボリュームの室内環境を安定化させる構法の採用と、開放的な小屋裏空間の確保により、ゆったりと暮らせる平屋を実現した点がユニークである。」として高く評価されました。

  • ※1 従来の枠組壁工法によるモノコック構造に、三井ホーム独自技術である高性能屋根断熱パネル「ダブルシールドパネル」や継ぎ目のないシームレスな高耐久湿式通気外壁「ブロック&シームレスウォール」、超剛性ベタ基礎「マットスラブ」を融合させた独自の工法名称。
  • ※2 1台で家じゅうすみずみまで換気し、温度・湿度・空気環境の全てを24時間コントロールできる空調システム。

2.WESTWOODの特徴

1)外観デザイン
コンパクトな小屋裏2階のフォルムで地域景観に配慮し、街のランドマークとなる個性的な三角屋根のファサードです。屋根裏空間の急勾配と玄関ポーチの緩勾配の、異なる勾配の屋根を組み合わせた外観フォルムは、米国西海岸由来のアーリーアメリカン様式の普遍的なデザインです。
玄関横に設けられたウェルカムポーチはパブリックとプライベートをゆるやかにつなげ、街に開いたデザインで地域との繋がりを表現しています。

2)ワンフロアでのコンパクトライフと「+α」を叶えるオリジナル技術
シンプルかつ伸びやかで快適に暮らしたいというニーズに応えるため、1階にLDKや主寝室、水廻りを集約し、安全で快適なワンフロアでの生活を提案します。
ユニバーサルデザインにも対応しています。
また、ワンフロアの横の広がりに加え、三角屋根の形状を活かした大勾配天井や吹抜けのあるダイナミックな空間は、高い気密・断熱性能と健康空調システム「スマートブリーズ」の採用により、大空間でありながら年中快適かつ省エネルギーな空間となっています。

大勾配天井のグレートリビング
大勾配天井のグレートリビング
ドーマー窓を設けた快適な屋根裏空間
ドーマー窓を設けた快適な屋根裏空間
1階平面図
1階平面図
2階平面図
2階平面図

3)快適なアティック(屋根裏部屋)
DSP(ダブルシールドパネル)※3の高い断熱性により実現する快適な屋根裏部屋は、斜め天井が醸し出す不思議なこもり感のある空間です。ドーマー窓を設けることで、縦・横2方向の通風・採光を確保した空間は、ワクワクするような大人の夢を掻き立てる隠れ家的なスペースです。

※3 当社オリジナルの屋根断熱構造材「ダブルシールドパネル(DSP)」
※3 当社オリジナルの屋根断熱構造材「ダブルシールドパネル(DSP)」
グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで59年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は40,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

アンド・アース」ロゴについて
三井不動産グループでは、グループのロゴである「アンド(アンド)」マークに象徴される「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、グループビジョンに「アンド・アース(アンド・アース)」を掲げ、当社グループのまちづくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしています。
アンド(アンド)」マークの理念とは、これまでの社会の中で対立的に考えられ、とらえられてきた「都市と自然」「経済と文化」「働くことと学ぶこと」といった概念を、「あれかこれか」という「or」の形ではなく、「あれもこれも」という形で共生・共存させ、価値観の相克を乗り越えて新たな価値観を創出していくもので、平成3年4月に制定されました。

※この資料は、次の各記者クラブにお届けしております。
○ 国土交通記者会
○ 国土交通省建設専門紙記者会

本件に関するお問い合わせ先

三井ホーム株式会社 広報部 広報グループ : 03-3346-4649

ニュースリリース