ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応推進につきまして | 2015年のニュースリリース | 企業情報 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

ニュースリリース

2015.12.14
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応推進につきまして

スマートグリーンズ アンド・アース

三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:市川俊英)は、従前より取り組んでおりますZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)提案に関し、対象を拡大し、より一層積極的に推進してまいります。

この度発表しました新商品「WESTWOOD」にZEHバージョンを設定するのをはじめとして、今後発表予定の新商品や既存の商品におきましてもZEH対応を加速化してまいります。

当社はこれまでもオーダーメイドの家づくりにおいて、高い断熱性能を持つプレミアム・モノコック構法に最適な省・創エネ設備を組み合わせることで、オーダーメイドZEHを提供してまいりましたが、温室効果ガスの排出量削減に向けた我が国の取り組みの推進に向けて、更なる省エネ・創エネ・蓄エネ対応が不可欠との考えから、積極的にZEHの提供に取り組んでまいります。

高気密・高断熱に健康空調を組み合わせることで、ヒートショックを防ぎ快適なスマート&ウェルネス生活を推進する健康住宅提案に加え、これからは更に地球環境に配慮したオーダーメイドZEHを提供するハウスメーカーとして、環境にやさしい暮らし継がれる家づくりを進めてまいります。

アンド・アース」ロゴについて
三井不動産グループでは、グループのロゴである「アンド(アンド)」マークに象徴される「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、グループビジョンに「アンド・アース(アンド・アース)」を掲げ、当社グループのまちづくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしています。
アンド(アンド)」マークの理念とは、これまでの社会の中で対立的に考えられ、とらえられてきた「都市と自然」「経済と文化」「働くことと学ぶこと」といった概念を、「あれかこれか」という「or」の形ではなく、「あれもこれも」という形で共生・共存させ、価値観の相克を乗り越えて新たな価値観を創出していくもので、平成3年4月に制定されました。

※この資料は、次の各記者クラブにお届けしております。
○ 国土交通記者会
○ 国土交通省建設専門紙記者会

本件に関するお問い合わせ先

三井ホーム株式会社 広報部 広報グループ : 03-3346-4649

ニュースリリース