コンセプト | Tudor Hills(チューダーヒルズ)| 商品ラインナップ | 戸建住宅 |〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

戸建住宅HOME

検索

MENU

Tudor伝統を継承し、新しい時代に調和する

Traditional Modern
かつて1983年に三井ホームが、欧米の伝統様式の住宅を再現した「チューダーヒルズ」。
イギリスのチューダー王朝時代の建築様式の流れをくむ、
流行に左右されないオーセンティックな佇まいと、当時のライフスタイルを反映した、
フォーマルな独立リビングを提案したプランは、これまでに数多くの人々を魅了してきました。
そして現在。グレード感あふれるチューダー様式の佇まいはそのままに、
モダンな暮らしのテイストを織り込んだ新しい「チューダーヒルズ」が誕生。
そこには、欧米流の伝統様式をふまえながらも、
常に新しい時代のライフスタイルに調和させることを重視した、
三井ホームの家づくりの哲学が生きています。

Live together

21世紀の新しい「チューダーヒルズ」には、家族、家、街といった、暮らしを取り巻くさまざまな"つながり"を見つめ直し、住まいを通して"共に暮らす"ことの大切さを改めて考えた『Live together』という思想が織り込まれています。かつてのプランが人を招きもてなすフォーマルなリビングを特徴としていたのに対し、新しいプランは、家族のプライバシーを大切にしながらも、空間につながりをもたせることで家族を身近に感じられるように配慮した居心地のいいリビング空間が暮らしの中心。住まいが家族一人ひとりにとって最も居心地のいい場所になるように。家族みんなが満ち足りた日々を過ごせるように。21世紀のチューダーヒルズが、そんな家族の想いを実現します。

「チューダーヒルズ」に息づく
欧米の伝統様式

16世紀イギリスのチューダー王朝時代の建築をベースに、アメリカの開拓移民たちによって広められたのがチューダー様式。
独特の急勾配の切妻屋根は、天に向けてより高い空間を創り出そうとした教会建築に由来し、雨の多いイギリスでは水はけをよくする効果も備えています。
建物側面に設けられたシンボリックな煙突、レンガ壁で囲われたアーチ型の開口部など、伝統のスタイルは21世紀の「チューダーヒルズ」にも息づいています。

2タイプの異なる表情をもつ
「チューダーヒルズ」

三井ホームの「チューダーヒルズ」は、伝統的なチューダー様式の特徴を採り入れつつ、異なったテイストの2タイプの外観をご用意しました。
白いトリミングの大型ケースメントが印象的な「Palladian(パラディアン)」と、伝統的なハーフティンバーとツートンの外壁を身にまとった
「Timber(ティンバー)」。どちらのスタイルも、独特の急勾配屋根によるシルエットがアイデンティティを物語り、住まう人の心を存分に満たすでしょう。