三井ホームトップ>会社情報>ニュースリリース>2008
会社情報 会社情報トップ 会社情報・ニュースリリース 会社情報・会社案内 会社情報・IR情報 会社情報・採用情報 会社情報・環境への取り組み 会社情報・グループ会社リンク集
bn_release.gif bn_logo.gif
平成20年6月25日

環境対応特別仕様
「プレミアムエコ仕様」発売
CO2の排出量を大幅に削減

 三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:中村良二)は、注文住宅(フリー設計及びマイレーヴ)の仕様に、環境対応特別仕様「プレミアムエコ仕様」を設定し、6月26日(木)より沖縄を除く全国で発売いたします。
 三井ホームのツーバイフォー住宅は環境性能に優れた木の住まいであり、標準仕様でも「次世代省エネルギー基準」(※)を大幅に上回り、CO2の排出量の削減効果においても高い性能を持つものです。この「プレミアムエコ仕様」は、さらに高い環境性能をもつ仕様として特別設定したもので、環境意識の高いお客様のニーズに幅広く対応を図ってまいります。

※次世代省エネルギー基準:旧建設省(現国土交通省)により、平成11年3月に改正告示された「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断と基準」及び「同設計及び施工の指針」のことです。


1.主な仕様設定
 
 ・ 外壁は、2×6材を採用し、断熱材140mmを充填
 ・ 屋根はオリジナル高性能屋根断熱材ダブルシールドパネル(※)                
 ・ アルミクラッド樹脂サッシはアルゴンガス充填高遮熱Low−E複層ガラスとし、玄関ドアも高断熱タイプを採用
 ・ 全熱交換型フロアセントラル換気システムを採用
   ※ダブルシールドパネルは防露及び気密の大臣認定を取得しており、屋根面の通気層を省略でき、気密シートの施工が不要です。

2.CO2排出量等性能値について
 
 CO2年間排出量は998kgと、新省エネルギー基準仕様と比べて約49%削減されます。これはブナの木の年間のCO2吸収量にして86本分に相当します。またQ値(※)は1.42W/uKです。(当社標準仕様でも、CO2年間排出量は1,128kgと、新省エネ仕様と比べて約42%削減されています。これはブナの木の年間のCO2吸収量にして74本分に相当し、Q値は1.98W/uKとなります。なお、次世代省エネ基準での試算ではCO2年間排出量は1,238kg、ブナの木の年間のCO2吸収量にして約60本分相当で、Q値は2.7W/uKとなります。)

※Q値:熱損失係数。断熱性能を測る指標で、数値が小さいほど性能が高くなります。またプランによって異なります。 上記、CO2 年間排出量等性能値は当社モデルプランでの試算です。

3.価格について
 
 プレミアムエコ仕様に変更した場合、試算プラン(当社商品「マイレーヴS-type」42坪南入)で1坪あたり約2万5千円程度のアップになります。



この件に関するお問い合わせ先
広報グループ   TEL:03‐3346‐4649


戻る
▲TOP
 
プライバシーステートメント サイトご利用上の注意 サイトマップ