三井ホームトップ>会社情報>ニュースリリース>2008
会社情報 会社情報トップ 会社情報・ニュースリリース 会社情報・会社案内 会社情報・IR情報 会社情報・採用情報 会社情報・環境への取り組み 会社情報・グループ会社リンク集
  bn_logo.gifbn_release.gif
平成20年3月12日

PC板利用のオリジナル施工
大型地下収納庫を発売
3つの収納提案を訴求



  • 「プレキャスト・コンクリート・セラー工法」により高品質の地下収納庫を一日施工
  • 小屋裏収納、フロア収納、地下収納の3つの提案を「空間創庫くうかんそうこα ・ SPACEアルファスペース」と呼称
三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:中村良二)は、オリジナル工法を用いた大型の地下収納庫を3月15日(土)に発売いたします。
プレキャストコンクリート(PC)(※1)板による「プレキャスト・コンクリート・セラー工法」を採用しているため、高い防水性能を容易に確保しやすく、食料品や貴重品の保管にも適しています。地下収納庫にPC板を使うのは業界で初めてのことです。
一日施工が可能で建物の工期にも影響が少なく、従来の現場制作に比べ大幅にコストダウンしました。延床面積に参入されない最大で6畳強の収納スペースを確保できます。
また、このたび、従来の小屋裏空間を利用した収納とロフト下や階段下の空間を利用した収納と地下収納の3つの提案を「空間創庫 +α ・ SPACE」と呼称し、訴求していきます。概要は以下のとおりです。

※1:専用工場であらかじめ製作されたコンクリート製品。構成型枠を使用し、安定した養生方法により、高強度、高品質で、さまざまな形状の製品が得られます。


1.オリジナル工法の大型地下収納庫

「プレキャスト・コンクリート・セラー工法」を採用した大型地下収納庫で、高い防水性能と施工性を発揮します。ハッチを開けて地下に降りる形状(天井高1.4m)で、3.75畳、5.00畳、6.25畳の3タイプを用意しました。リビングやダイニングの近くに大型の収納を確保でき、出し入れも便利です。アウトドア用品、DVDやCD、保存用食料品などさまざまなものを収納できます(※2)

  • 金庫を床に固定し貴重品の収納としても活用できます。
  • 除湿機および換気扇を装備し、収納庫内の湿度調整を可能としています。
  • 内装はPCコンクリート素地仕上げ、天井は石膏ボード仕上げです。通常は梯子階段の設置ですが、オプションで固定階段を用意しています。
※2:水槽や植木など湿気を発生させるもの、皮革製品や寝具など湿気に弱いものは収納を避けてください

2.大型地下収納庫の税込価格

3.75畳タイプ… 1,403,850円
5.00畳タイプ… 1,648,500円
6.25畳タイプ… 1,879,500円


3.販売地域

関東・東海・中部・近畿の各地域(※3)

※3:施工エリア、敷地条件、地下水位などにより設置できない場合があります。詳細については弊社営業担当者にお問合せください。


4. 保証について

地下収納躯体および防水…10年(10年目の有料メンテナンスにより20年に延長)
除湿機…2年


5.プレキャストコンクリートを採用した工法

地下収納で採用した「プレキャスト・コンクリート・セラー工法」は、工場で生産・管理を行なったプレキャストコンクリート(PC)板をボルトで接合し、接合部は独自の防水技術を施した三井ホームのオリジナル工法で、安全性の高い地下空間をつくります。本技術は特許出願中です。

  • 工場生産のPC板採用により、施工当初から安定した品質を確保します。
  • 壁と床が一体となったPC板のジョイント部分は二重の防水処理を施し、高い防水品質を実現します。
  • 一日で施工ができますので、建物の工期にほとんど影響を与えません。

6.収納3点提案「空間倉庫くうかんそうこα ・ SPACEアルファスペース」について

天井高1.4メートル未満の“小屋裏空間を利用した収納”“ロフト下や階段下またはスキップフロアの間の空間を利用した収納”および“床下の収納”の3つの提案を、「空間創庫 +α・SPACE」と呼称し訴求していきます。3つの提案を組み合わせることにより、より充実した収納空間を実現することができます(※4)

※4:天井高1.4m未満の収納は階とみなされないため容積率の緩和を受けることができますが、3つの収納提案をひとつの住まいに組み合わせる場合、各階の収納合計面積(小屋裏収納は一つ下の階、地下収納は一階の収納の面積に合算)はその階の床面積の2分の1未満とする必要があります。

<資料>
○大型地下収納庫イメージ

上:床下収納庫内部
(固定階段はオプション)
右:床のハッチを開けて出入り    
○「プレキャスト・コンクリート・セラー工法」の躯体イメージ

この件に関するお問い合わせ先

総務・広報グループ  TEL:03-3346-4649


戻る
▲TOP
 
プライバシーステートメント サイトご利用上の注意 サイトマップ