暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

三井ホーム コンサルティング事業部

  • お問合せ
  • 資料・カタログ請求
  • アクセス

火災に強い

鉄より火に強い「木」と、内部延焼を抑えるファイヤーストップ構造で、入居者と資産を守ります。

万が一の火災にも強い、「木」の特性と独自の耐火構造。

三井ホームでは、火災に強い「木」を構造材に用い、内部火災が自然鎮火しやすい高気密のプレミアム・モノコック構法を採用しています。壁や天井の下地には約21%の結晶水を含んだせっこうボードを使用。さらに、火災時に火の通り道を防ぐ「ファイヤーストップ構造」などにより、耐火性を高めています。

火に強いのは鉄より「木」という事実。

消火の最前線を担う消防士は「木造より鉄骨住宅の方が怖い」と恐れています。その理由は、高温で熱せられた鉄骨が550℃を超えると急速に強度が低下し、崩れ落ちて負傷することもあるからです。構造材である木は、火にあぶられても表面が炭化し、火の進行を遅らせ、強度低下を抑えます。

木と鉄骨の耐火性比較実験。

構造材である木は火にあぶられても、表面が炭化層となって内部への火の進行を遅らせ、構造材としての強度低下が抑えられます。ところが鉄骨は、550℃を超えると一気に変形し、強度が急激に低下してしまいます。

火元の部屋だけで延焼を食い止めた三井ホームの住まい。

(写真左)火元の部屋は内装が焼けただけで、他の部屋への延焼はなく、外から見た限りでは火災があったことが分からないほどでした。
(写真中)出火元の洋室。天井や壁は焼けただれているが、躯体に傷みはありません。(写真右)躯体に損傷がないため容易に修復が可能でした。

三井ホーム

三井ホーム株式会社 コンサルティング事業部

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル16階

0120-321-665
トップへ