CREATOR'S VOICE

CONCEPT 暮らしを楽しむこだわりと、ナチュラルな空気感に満ちた住まい。

暮らしを楽しむこだわりと、ナチュラルな空気感に満ちた住まい。

“今”の暮らし方や感性に、しっかりとフィットする家を。 | 商品開発部 チーフデザイナー | 高見 明博

様々なシーンに合わせて
楽しむ場をつくる。

共働きや習い事などで、時間がバラバラになりがちな家族が、自然とつながり、くつろげる空間をつくる。そのために参考にしたのが、カフェの大テーブルです。大きなテーブルを置いて、家の中心に配置したアクティブダイニングは、食事以外にも利用が可能。宿題をする子供の横で、遅く帰ったご主人が食事をするなど、家族や友人が自然と集まる場所になります。また、奥まった場所にあるピットリビングは、ダイニングからの目線が遮られるため、気を遣わずにゴロゴロとすることができ、ご主人が横になってテレビを見る横で、子供が携帯ゲームをするなど、それぞれが、思い思いに楽しむことができます。アクティブダイニングに面したプチ・リュクスでは、奥様が撮った写真をブログにアップしたり、本を読んだりと、家族の気配を感じながら、一人だけの時間を過ごすことができます。

様々なシーンに合わせて楽しむ場をつくる。
様々なシーンに合わせて楽しむ場をつくる。

玄関脇のプチ・ガレージは、ご主人のあこがれのガレージライフを実現。玄関に隣接させることで、狭さを解消しました。

どこよりも家が
お気に入りの場所になる。

“日常のちょっとしたことで幸せを感じられる場所”を多く提供したいと考え、ひとつひとつの工夫を積み上げていきました。かくれ家ロフトを子供部屋につくったり、外のテラスはセミクローズにして中庭感のある居心地のいい場所にしています。また、ご近所の方とのコミュニケーションのきっかけになるよう、家に置いてあるものが外から少しだけ見える場を意図的につくっています。そうしたことのすべてを通して、毎日家に帰るとき、一番のお気に入りの場所に行くような気持ちを感じていただきたいと思っています。

どこよりも家がお気に入りの場所になる。

ナチュラルな空気感とこだわりのある素材を楽しんで欲しい。 | インテリアコーディネーター | 長峰 雅恵

細部にまで気を遣った
空気感のある空間づくり。

たくさんの素材を使う上で考慮したことは、男性的になりすぎない、女性にも好まれるものにするということです。例えば、アクティブダイニングの天井にある黒アイアンを使った照明。インダストリアルな雰囲気のものながら、アンケートの結果、女性にも人気が高かったものを採用しています。また、ひとつひとつの素材にもこだわりを込めました。質感ひとつにしても、ちょうどいい味わいになるまで試行錯誤を繰り返し、最終的にナチュラルでありながらもインパクトのあるものをつくり上げていきました。

細部にまで気を遣った空気感のある空間づくり。
住むほどに愛着が増す住まいであってほしい。

住むほどに愛着が増す住まいであってほしい。

全体的には、家族の声が聞こえてきそうな、温かみのあるシーンづくりをしてます。そして、家のどこかに好きなシーンを一人ひとりにみつけてほしいと思います。例えば、窓から階段に差し込む柔らかい日差し、プチ・リュクスのアクセントウォールとオブジェの調和。ひとつひとつのシーンに盛り込んだ楽しい仕掛けを感じて、よりこの家に愛着を持っていただければと思います。

NEW STYLE COLLECTION 2015をもっと詳しく知りたい方はこちら
「Natural Open STYLE」は新商品ソノマのページでご覧いただけます。
  • 三井ホームTOP
  • スタイルコレクショントップへ
  • カタログ請求

TOPへ

CREATOR'S VOICE

CONCEPT ひとたび足を踏み入れれば、 心休まる上質な時間が流れだす、 新しい「ジャパニーズモダン」。

ひとたび足を踏み入れれば、 心休まる上質な時間が流れだす、 新しい「ジャパニーズモダン」。

伝統の知恵や知識を取り入れ、 未来へつなぐ“今”をつくる。 | 商品開発部 チーフデザイナー | 竹田 文聡

懐かしくて、新しい。
そんな心地よい空間を。

未来へとつなぐべき“今”の住まいをつくる。その実現のためには、この国の伝統から2つのものを受け継ぐべきだと考えました。ひとつは、軒下や縁側、土間や三和土(たたき)、部屋の流動性などの空間的な要素。そしてもうひとつが、版築(はんちく)や格子、和紙や黒漆喰などの素材的な要素です。これらを現代風に再構築しながら取り入れました。つまり、大切なのは日本人が無意識に心地よいと感じる空間や素材を現代の技術と融合させ、しっかりと馴染ませていくこと。私たちは、昔、祖父などの家に遊びに行って感じた心地よさを、まだ忘れてはいないはずです。それをこの家に住むお子様にも肌で感じてもらい、日本的なものを誇りにして成長していただければと思っています。

懐かしくて、新しい。そんな心地よい空間を。
つながりと開放感を大切にした理由。

つながりと開放感を大切にした理由。

ご存知の通り、日本建築はもともと平屋つくり。延々と続く廊下やつながり合う和室があり、そこに縁側や濡れ縁、広縁が配されるなど、空間が連続して横に展開していくという特徴がります。桂離宮をイメージしていただくとわかりやすいかと思いますが、家の中と外の関係がかなり曖昧なつくりです。このように室内のような室外や、室外のような室内を家の様々な場所につくって、自然を楽しむ。そんな開放的で心地よいスタイルを実践しています。そのひとつが、大きな柱に囲まれた軒下・縁側空間です。そこに設えたリビングとダイニングへとつながる大きな開口部。これは完全な室内とも室外とも言えない、日本的な空間の一例です。さらに、エントランスから和室へと土間を伸ばし、空間のつながり感を創出しました。建具の設置も必要最小限とし、室内での目線がよく通るように工夫しています。階段部とスキップフロアに設けたガラス張りの手すりは、エリア性を保ちつつ、空間の連続性を切らないための設え。住まいのつながりと開放感を追求し、DNAレベルで日本人が快適だと思える家ができたと感じています。

インパクトとディティールが生み出す、粋なジャパニーズモダン。 | インテリアコーディネーター | 竹下 英南

和を感じる新しいモダンへ。

ジャパニーズモダンの新スタイルを目指して。これを表現するにあたり、まずは縦格子や三和土(たたき)など、日本の表情としてはおなじみのものを意識的に取り入れることからはじめました。そこにモダンなタイルやミラー、ヨーロピアンファブリックのクッションなどをコーディネート。アクセントカラーにはブルー系を使い、木部にはブラックウォールナットを多く採用するなど最新のトレンドもスパイスとしてきかせています。

和を感じる新しいモダンへ。
空間と空間を素材でつなげてイメージの連続性をつくる。

空間と空間を素材でつなげて
イメージの連続性をつくる。

住む人に壁を感じさせず、大空間を楽しんでもらいたい。そのために空間と空間を素材でつなぎ、連続性を持たせています。エントランスホールの白いタイルを居室にまで引き込んでいるのは、その一例。吹き抜けの空間も、どこから見ても違和感のないトーンで仕上げました。このように移動しても空間イメージが変わらないことによって、部屋を広く感じていただく工夫は、オリジナルだと自負しています。

NEW STYLE COLLECTION 2015をもっと詳しく知りたい方はこちら
「Natural Open STYLE」は流山おおたかの森モデルハウスでご覧いただけます。詳しくはこちら
  • 三井ホームTOP
  • スタイルコレクショントップへ
  • カタログ請求

TOPへ