工事費やランニングコストも、メリットが大きい

建築コストが安定し、工期も短い

木造施設建築は鉄筋コンクリート造・鉄骨造に比べて建築コストが抑えられ、安定しています。工期も短いため早期に事業計画を実行できるなど、さまざまなメリットを持っています。

解体の時間と費用を大幅ダウン

木造建築は、鉄筋コンクリート造に比べて解体する際の手間が少なく、建物解体の費用を抑えることができます。

■ 解体費用の比較

減価償却期間(会計上の法定耐用年数)が短く、キャッシュフロー上有利

木造は減価償却期間(会計上の法定耐用年数)が短いため、鉄筋コンクリート造に比べて1年分の減価償却費が大きく、経費として多く計上できるので税金が安く抑えられ、キャッシュフロー上約700万円以上も有利です。

  • ■ 減価償却期間(会計上の法定耐用年数)の比較

    ■ 収支目安
    前提条件:延床面積/約800坪(2,645㎡)、建設費/792.000千円※ (単位:千円)

    ※1:建築後3年間で軽減を受けない場合の額。
    ※2:建築費の35%を付帯工事とする。
    ※消費税10%を想定し試算
    ※建物は医療施設を想定
     借入金利1.5%、借入年数20年、元利均等返済。借入額:792,000千円、年間支払額:45,860千円

固定費を抑え、長期のコストメリットが高い

ツーバイフォー工法は高断熱・高気密のため、冷暖房の稼働時間や設定温度を抑えられます。また、鉄筋コンクリート造・鉄骨造に比べて固定資産税・都市計画税を抑えることができ、節税が可能です。火災保険や地震保険については耐火区分が同じであれば、ツーバイフォー工法は鉄筋コンクリート造・鉄骨造と同じ保険料となります。

  • 冷暖房費の低減

    ■ ランニングコスト(冷暖房費)の比較

    出典:「COFI 高齢者施設/住宅の未来を探る」

    固定資産税・都市計画税の軽減

    ■ 固定資産税・都市計画税比較(初年度)

    建物の固定資産税・都市計画税の基準となる「新築建物課税標準価格認定基準表」(東京法務局 2018年度 共同住宅の例)によると、木造は100,000円/㎡で、鉄骨造116,000円の約14%減、鉄筋コンクリート造143,000円/㎡より約30%減。木造建築は節税効果も高い。

    ※固定資産税:2018年度東京都の場合、用途:共同住宅、建物面積:2,500㎡、固定資産税:1.4%、 都市計画税:0.3%、固定資産税の軽減無として(三井ホーム調べ)

  • 火災保険料は鉄筋コンクリート造・鉄骨造と同じ

    ■ 構造別火災保険料比較

    ※木造(2×4工法)準耐火建築物及び耐火建築物の火災保険料や地震保険料は、S造、RC造の準耐火建築物及び耐火建築物と同じ。

GROUP LINK三井ホームグループリンク