環境負荷を低減する、サスティナブルな木造建築

木はサスティナブルな循環型資源

木は計画的に伐採・植林をすることで木材として利用できるサスティナブルな循環型資源です。その一方で、鉄はリサイクルに優れていますが、原料となる鉄鉱石などは再生できません。さらに、生産やリサイクルの際に大量のエネルギーを消費し、多くのCO2を排出します。それに比べ、木は環境にやさしい資源と言えます。

  • ■ 木のライフサイクル・イメージ

    ■ 鉄のライフサイクル・イメージ

木はCO2を固定する炭素の貯蔵庫

木は大気中のCO2を吸収しながら成長します。伐採されて木材となってからもCO2は炭素(C)となって固定したままなので、「炭素の貯蔵庫」などと呼ばれます。同じようにその木材を使用した木造建築は、「都市の森林」「第二の森林」などと言われています。

CO2排出量が少ない木造建築

  • ■ 家を建てる時のCO2排出量比較

    ※試算条件:床面積120㎡の場合 ※出典:CASBEE評価に基づく林野庁試算

    木は、鉄やコンクリートに比べて製造時や加工時、そして建物を建てるときに必要なエネルギーが少ないため、CO2排出量の大幅な削減を可能にします。

熱伝導率が低く、断熱性能に優れた木材

  • ■ 各素材の熱伝導率(W/m・K)

    ※出典:「住宅の省エネルギー基準の解説」平成21年度版 (財)建築環境・省エネルギー機構
    ※天然木材1種:桧、杉、えぞ松等、2種:松・ラワン等、3種:ナラ・サクラ・ブナ等

    木は、鉄やコンクリートに比べて熱伝導率が低いため、外気を室内に伝えにくい=断熱性能が高い素材と言えます。

施設建築で大きな注目を集める木造建築

2010年10月に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が施行。「低層の公共建築物については原則としてすべて木造化を図る」ことを基本方針として、民間事業者が整備する施設としては学校、老人ホーム、保育所、福祉ホーム等の社会福祉施設や、病院・診療所等が対象となりました。これにより、施設分野において木造建築が大きな注目を集めています。

■ 木造率の推移

※出典:建築着工統計調査 平成30年度(国土交通省)のテータを元に林野庁が試算

三井ホームグループ環境方針

三井ホームグループは、「木資源の活用」「環境性能・価値の創出」「住まいの長寿命化」を重点テーマとして、事業活動を推進します。また、「環境負荷の少ない企業活動」を推進するとともに、ステークホルダーとの共創型の「環境コミュニケーション」活動を展開し、満足度の高い住まいと暮らしをお客様に提供し続けることを目指します。

  • 環境性能・価値の創出

    ツーバイフォー住宅の省エネルギー性能のさらなる向上と、高い環境性能と新たな価値を両立する家づくりを提案し、住まい手のライフスタイルを通じたCO2の削減に貢献します。

    木資源の活用

    生産時のエネルギー消費が少ない木材を活用し、合法伐採木材の使用徹底と持続可能な森林資源の活用を推進し、豊かな生態系を支え環境保全に努めます。

    環境負荷の少ない企業活動

    ■環境関連法令等の遵守  ■事業活動環境負荷の低減

    住まいの長寿命化

    ツーバイフォー住宅の基本性能の充実とともに、新築・既築すべてにわたって永く住み続けるための技術とサービスを提供し、ライフサイクルで環境負荷を低減する、住まいの長寿命化を推進します。

    環境コミュニケーション

    ■環境教育の徹底  ■環境社会貢献

GROUP LINK三井ホームグループリンク