FOR CARE & WELFARE | 福祉・介護施設 社会福祉法人聖風会  花畑あすか苑(東京都) ツーバイフォー工法による
国内最大級の施設建築誕生への道筋を辿る。

地上5階建て※、延床面積9,000㎡超とツーバイフォー工法の建築物では国内最大規模、160室という居室数は単体の特別養護老人ホームとしては都内最大級です。建築するにあたって、木造(ツーバイフォー工法)を選ばれた経緯を伺いました。

※1階:鉄筋コンクリート造、2~5階:ツーバイフォー工法

  • 社会福祉法人聖風会 花畑あすか苑
    所 在 地:東京都足立区 敷地面積:4,551.39㎡
    延床面積:9,773.24㎡ 規  模:地上5階建て
    構  造:1階/鉄筋コンクリート造、2~5階/ツーバイフォー工法
    居 室 数:160室(特別養護老人ホーム140室、短期入所生活介護施設20室)
    付帯施設:認知症対応型デイサービス、居宅介護支援事務所、地域交流スペース(防災拠点型)

    木造の校舎で育った高齢者世代に、居心地のいい木造の住処を。

    当法人が運営する「千住桜花苑」は鉄筋コンクリート造なのですが、壁を全て漆喰壁にしたところ、ご入所者様のインフルエンザ発症率が他の鉄筋コンクリート造の当法人施設に比べて抑えられているという見方もありました。また、林野庁木材利用課の調査でも木造の校舎はインフルエンザによる学級閉鎖率が低く、蔓延が抑制される傾向にあるというデータもあるなど、自然素材の効用を痛感し、「花畑あすか苑」では木造を採用しました。また、ご入所者様は自宅や学び舎が木造だったため、木に対する親和性は高いと思われます。そこで、居心地良く過ごしていただける場所をご提供する意味からも木造を選択しました。

  • 建築費を抑えられ、工期が短い木造建築。
    イニシャルコストの低減は経営上大きなメリット。

    経営の視点から見ると、鉄筋コンクリート造に比べて建築費が抑えられ、工期も短いことが大きなメリットとして挙げられます。介護報酬が伸び悩む中で、持続的経営上、イニシャルコストを抑えることは不可欠です。また、冷暖房費などのランニングコストや、室内の温度や湿度、風の流れなどのデータをまとめて、木造建築がもたらす効果を見える化しようと現在準備を進めています。このようなデータは高齢者施設ではまだないので、まとまることによって木造の高齢者施設普及の一助になればと考えています。

  • 日本初、「花畑あすか苑」で採用されたミッドプライウォールシステム

    大規模な木造建築において、プランの自由度を向上させるためには高強度耐力壁が必要となります。日本で初めて「花畑あすか苑」において採用されたミッドプライウォールシステムは木質構造の高耐力壁で、最大の特長は、特別な材料や装置、技術を必要とせずに、ツーバイフォー工法用の一般的な材料のみでの組み立てが可能なことです。にもかかわらず優れた水平耐力性能を発揮するため、4階以上の中層木造建築物には有効な施工技術です。

ACHIEVEMENT三井ホームの実績

  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービス
  • サービス付高齢者向け住宅
  • デイケア
  • 有料老人ホーム
  • 在宅介護支援住宅
  • グループホーム
  • リハビリテーション施設
  • 医療施設
  • 文教・保育施設
  • 商業施設
  • ソリューション(寮、コミュニティーセンター、宿泊施設、事務所)
  • 木造賃貸住宅

CASE福祉・介護施設の実例

  • CASE 01

    かざみ鳥(香川県)「木のまち整備促進事業」採択

    特別養護老人ホーム

    「木のまち整備促進事業」採択

    木造耐火3階建ての2階〜3階の床根太に三井ホーム独自の技術「Iジョイスト」を採用。軽量かつ剛性が高く、安定した3階建て建築を実現しています。食堂に繋がるウッドデッキを設けるなど、木の温もりを活かす空間づくりをしています。

  • CASE 02

    グランダ杉並方南町(東京都)

    介護付有料老人ホーム

    東京23区内初の、大規模木造ツーバイフォー工法による耐火構造の有料老人ホーム。前面道路が狭い住宅地でも建築が可能で、近隣環境への配慮も考慮し、三井ホームが選ばれました。

  • CASE 03

    グループホーム ひかり(神奈川県)

    認知症対応共同生活介護

    明るい暖色の瓦屋根、白い壁にアーチデザインを施した外観。横浜市の郊外、のどかで緑豊かな風景に、その佇まいがしっくりと馴染んでいます。建物内も木造ならではの温もりに満ち、ご入所者の方々が心静かに過ごせる雰囲気が漂っています。

  • CASE 04

    コレクティブハウス 輝き(大阪府)

    在宅介護支援住宅

    赤追色彩の外観、建物内は段差なしの完全バリアフリー設計、そして木が醸し出す温もり。ご高齢者がみんなで助け合い、支えあって、輝きながら暮らす介護支援型の住宅として、使いやすさ、心地よさを実現しています。

  • CASE 05

    コモド・カサ(三重県)

    障害者向けグループホーム

    障害者の方々の自立を目指して、介護支援を受けながら共同生活を営むための施設。木造の空間が醸し出す温もり感が、それぞれのペースで、ゆっくりと落ち着いた暮らしによい効果をもたらしています。

もっと実例を見る

GROUP LINK三井ホームグループリンク