一戸建/婦人科・産婦人科 | 実例紹介 | 医院建築 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

医院建築CLINIC BUILDING

検索

MENU

新規開業、移転、事業拡大…すべてを三井ホームに一任Hクリニック [婦人科]

旧医院ではプライバシーの確保に重点を置き、内外観にやさしさを表現したところ近隣の女性たちに注目され、患者数は予想をはるかに上回るペースで増加。規模拡大のため医院の移転に至りました。「開業時、建築を依頼した決め手は医院開業プランナー。誠実な人柄に信頼を覚え、出会ったその日に決めました。他のメンバーも豊かな経験をもとに的確に対応してくださいました。だから2回目も、迷うことなく同じメンバーで、とお願いしました」。
「医療と美容の両面からお役に立てたらと思っています」と、先生の夢は広がるばかり。その夢の実現も「もちろん、同じメンバーで!」と絶大な信頼を寄せてくださっています。

外観は明るいスパニッシュテイスト。駅や電車の車窓から見える側は、医院らしい看板もなく、おしゃれなレストランのよう。
出入り口は中央に見えるアーチの奥。駐車場側に目立たないように配し、抵抗感なく出入りができるよう配慮。
入り口を入ると、正面に患者さんに優雅な印象を与える装飾コーナーが。
待合室は縦に横に大きな広がりをもつ大空間。奥には一人静かに診療を待つ患者さんのために、窓際に長いカウンターが用意されている。
待合室の中央に配した曲線を描くパーティションは先生のご要望をもとに図面を起こしたオリジナル。
診察室。医療機器やベッドなどは置かず、何でも気軽に話せる雰囲気をつくることを心がけている。
処置室。ポイントカラーのピンクを部分的に使い、あたたかさと柔らか味をプラス。
点滴室。ゆっくりくつろいで過ごせるようにリクライニング式のソファを採用し、天蓋風のカーテンも。
診察の間、安心して子供を遊ばせておけるように、受付からよく見える位置にキッズルームを用意。
パウダールーム。床は大理石模様とし、鏡の左右に間接照明を用いるなど、高級感あふれるしつらえが患者さんに大好評。
トイレは折り畳み式のベビーベッドを置いても余裕の広さ。清潔な雰囲気も好感を与えている。

設計/施工:三井ホーム

設計のポイント
待合室は大勢に対応できる広さ。窓に向けてカウンターを配し、患者さん同士の視線が交わらないように工夫。カウンターに座って診察を待つ患者さんの眼を楽しませるために、待合室の北側にパティオを設置。
2つの診療・内診室の間に処置室を、待合室との間には中廊下を設け、以前よりさらにプライバシーの確保を徹底。
先生やスタッフ専用の裏動線となる診察・処置空間のバックヤードはスムーズに移動できるよう幅を広くしている。

voice

営業担当者
森元 芳行

営業担当者の役割は先生の想いを実現させるまとめ役に徹すること。その基本に忠実に、任務を全うできるよう努力しました。レディースクリニックは初めてでしたが、思いがけず相次いで担当させていただくことになり、よい経験となりました。特に、出入り口は目立たない位置が好ましいなど、通常の医院建築とは異なるノウハウを習得することができたのは大きな収穫でした。O先生には心から感謝しています。

設計担当者
アイデザイン有限会社 代表取締役 一級建築士
隈元 章

先生の医院に対する考え方は明確で、そのうえ診療空間の配置についてはご自身のお考えをスケッチに示してくださったので動線の特徴などをよく理解でき、それに基づいてプランを構築しました。基本的な考え方は以前と同じですが、今回は敷地が広い分、バックヤードにもゆとりができ、プライバシーの確保も万全を期することができました。

インテリアコーディネーター
畑 直美

インテリアの計画は、先生のほか看護師長や主任も交えて女性同士、互いに忌憚なく意見を出し合いながら進めていきました。迷ったのは色。患者さん優先で明るい色も検討しましたが、スタッフの方々が心地よく働けることも大切と思い、皆さんの好みのダークな色調に。ブラウンを基調にシックな雰囲気でまとめています。特に女性がもっとも気にする待合室とパウダールーム、トイレは優雅なしつらえとしています。

工事担当者
香葉村 主税

私は先生のご主人の医院やお母様の別宅も担当させていただき、ご一家のあたたかなお人柄に触れることができ、楽しく仕事ができました。スタッフはみな医院建築に経験豊富な者ばかり。医院は工事中から近隣に注目されるので、事前に悪い印象を与えないように、皆いつもどおり、現場の清掃・養生等に注意を払いながら工事を進めました。