耐火性Ⅰ 消防士は知っている、木の耐火性。

木は鉄よりも火に強いという事実

消火の最前線を担う消防士は「木造より鉄骨住宅の方が怖い」と恐れています。その理由は、高温で熱せられた鉄骨が550℃を超えると急速に強度が低下し、崩れ落ちて負傷することもあるからです。構造材である木は、火にあぶられても表面が炭化し、火の進行を遅らせ、強度低下を抑えます。

“もらい火”から住まいを守る「BSブロック&シームレスウォール」

一般的なサイディング外壁は外部からの火災に対し30分または45分耐えうる性能を持つものがほとんどですが、三井ホーム独自のBSウォールは、極めて耐火性に優れ、外部からの火災に対し60分以上耐えうる外壁です。当社実験によると、加熱1時間を経過しても室内側の壁面温度は100℃未満で、木材の出火危険温度をはるかに下回ったままでした。優れた耐火性を備えた独自開発の外壁が、近隣火災の“もらい火”から住まいを守ります。

三井ホームの建物が、類焼を防いだ

S様邸は、1m隣の建物が火元となる火災に襲われました。近隣の建物は全焼。S様邸も、長い時間猛烈な炎と熱にさらされました。しかし、S様邸は、耐火性に優れる三井ホームの家であるため、猛火による高温にも耐え、類焼を免れました。

耐火性
技術カタログ一覧
  • 三井ホームTOPへ
  • テクノロジーTOPへ
  • 安心・安全TOPへ

TOPへ