超剛性ベタ基礎 鉄筋量は2.67倍、面で支える超剛性。

圧倒的な鉄筋量の超剛性ベタ基礎「マットスラブ」

三井ホームが独自に開発した超剛性ベタ基礎「マットスラブ」は、鉄筋量を従来の約2.67倍に増やし、コンクリートは1c㎡あたり約240kgもの荷重に耐える圧縮強度24N/m㎡のものを採用。高密度配筋と高強度コンクリートを一体化させた基礎を創り上げ、優れた強度を実現しています。

地盤への負荷を分散させる面構造のベタ基礎

超剛性ベタ基礎「マットスラブ」は、地盤への負荷を分散させる「面」で支える構造です。「線」で支える一般的な住宅の布基礎に比べ、剛性が高く、地盤への影響が少ないため、信頼性が高い構造です。

マットスラブ(標準仕様)

高低差のある敷地などには「布基礎※1」をご用意しています。

※1 布基礎とは、Tの字を逆にした断面形状の鉄筋コンクリートが連続して設けられた基礎のことです。
※ 基礎形状はお客様のご希望プラン・地域・敷地・ 地盤条件等により仕様が異なります。詳しくは営業担当者にご確認ください。

徹底した地盤調査・
分析から始まる基礎設計

三井ホームでは、地盤調査(スウェーデン式サウンディング調査)を行い、独自の基礎・地盤補強判断 プログラム“Geo Engine(ジオ・エンジン)”で地盤の支持力や沈下量を分析。 さらに、計画地の履歴がわかる資料調査と周辺の現地踏査を実施し、経験豊富な「ジオエンジニア※1」が敷地や地盤に応じた適切な基礎を設計します。 ※1 基礎形状・地盤補強方法の決定について、専門的かつ幅広い知識を持つ社内資格者。

スウェーデン式サウンディング調査

どんな地盤にも対応する
補強技術

寒冷地にも対応する
技術力

寒冷地においては、床下の凍結・凍上によって地盤が基礎部分を押し上げてしまうことがあり、床下全面を覆うベタ基礎の導入はこれまで不可能でした。そこで、土壌の凍結域を断熱材・コンクリート・砕石でカバーする、「寒冷地用マットスラブ・ベタ基礎」を開発(特許番号第3177838号)しました。
寒冷地用マットスラブ・ベタ基礎 ※ 本図においては鉄筋を省略しています。
※ 地域の行政指導により、凍結深度や形状が異なる場合があります。

技術カタログ一覧
  • 三井ホームTOPへ
  • テクノロジーTOPへ
  • 安心・安全TOPへ

TOPへ