Gフレーム構法 壮大な開放感。

G-FRAME Gフレーム構法
景色と心地良さを広げる「大開口テクノロジー」

「Gフレーム構法」が創造するのは、最大約7.3mの大開口。壁一面を窓にして半戸外感覚のオープンリビングや、大型自動車を3台並べて停められるワイドなビルトインガレージなど、あこがれの暮らしをさまざまに叶えることができます。さらに、「GフレームZ」ではその開口を約5.4mの2層分まで上へと広げることも可能。景色を広げ、心地よさを深め、壮大な開放感を実感できる「大開口テクノロジー」です。

最大約7.3mまでの全面開口が可能

「Gフレーム構法」は、プレミアム・モノコック構法の高性能と相互して驚異的な強さを発揮します。一般的な木造住宅の最大開口が約4mなのに対し、「Gフレーム」を用いると、開口を最大約7.3m(構造計算による)まで広げる事ができます。この差がプランの自由度を飛躍的に広げ、暮らしに大きな開放感をもたらします。

ヘビーティンバーを用いた独自の強固なラーメン構造

「ヘビーティンバー」とは、断面積が300cm2以上ある大断面の集成材のこと(許容圧縮応力度は製材の1.5倍)。一方「ラーメン構造」とは、柱と梁の接合部を強固に結合させた構造のことです。ラーメン(Rahmen)とは、ドイツ語で「額縁」を意味します。「Gフレーム構法」は、優れた強度性能を誇るヘビーティンバーを柱や梁材として採用。三井ホームが独自に開発したラーメン構造の「Gフレーム」でプレミアム・モノコック構法の中でも最大の開口を実現します。

頑強な構造強度を誇る「Gフレーム」

GOOD DESIGN AWARD 2013

「Gフレーム」の接合部(ラーメン構造)。オリジナル接合金物の端部を梁と柱に埋め込み、梁にはドリフトピン、柱にはラグスクリューボルトを打ち込んで、がっちりと一体化させています。

2階までの全面開口を実現する「GフレームZ」

高強度のヘビーティンバーを用いた門型ラーメン構造の「Gフレーム」を進化発展させた「GフレームZ」は、水平方向の最大有効開口幅約7.5m、垂直方向の最大有効間口高さ約5.4mという驚異的なスケールの全面開口を実現。2階まで広がる迫力の窓からは、あふれる陽光と壮大な景色を楽しむことができます。

関連リンクスペーステクノロジー
関連リンクグラセナ
技術カタログ一覧
  • 三井ホームTOPへ
  • テクノロジーTOPへ
  • 空間創造TOPへ

TOPへ