土地探しQ&A


Q03 土地を探す際に資金計画上で気をつけることは?
ANSWER
宅地として整備されていない土地を購入すると、思わぬ別途費用が必要となります。

上下水道管がない 上下水道管がない
敷地内への配管引き込み工事が必要です。
地盤が弱い 地盤が弱い
地盤改良工事や基礎補強工事が必要です。
敷地に高低差がある 敷地に高低差がある
擁壁工事や埋込ガレージ工事が必要です。
(古い擁壁は、造り直しが必要な場合もあります。
古家付きの土地 古家付きの土地
解体費用がかかります。

三井ホームでは土地の紹介だけでなく、法規則の問題をふくめた総合的な視点から住まいづくりをアドバイスしています。
QUESTIONS

Q01 土地にかかる法規制には、どんなものがありますか?
Q02 土地の購入や建物の建築にはどんな費用がかかるの?
Q03 土地を探す際に資金計画上で気をつけることは?
Q04 融資にはどんな種類がありますか?
Q05 希望通りの土地・優良な仲介物件を見つけるには?
Q06 住まいを買った時の税金が軽減されると聞いたけど?
Q07 親から資金援助を受ける時の税金面の注意点は?
Q08  買い替えをする時、物件の購入と売却はどっちが先?
Q09 売却にはどんな費用がかかるのですか?
Q10 買い替え時の売却損を軽減する方法は?


※このQ&Aは平成26年4月1日現在の法令にもとづいて作成したものです。年度途中に税制が変更になったり、通達により詳細が決まったりするケースがありますのでご了承下さい。