1. 三井ホームトップ >
  2. 三井ホームの家づくり >
  3. 住まいづくりの流れ >
  4. 周辺環境調査

三井ホームの住まいづくりの流れ 土地探し、敷地調査、ディスカッション、ご契約

より快適な暮らしのために 周辺環境調査

三井ホームでは、「街並み」とのつながりという観点から住まいづくりをすすめるために周辺の環境調査を重視しています。

風が通り抜ける住まいづくりのために。

風が通り抜ける住まいづくりのイメージ

隣家や道路との関係をじっくりと観察し、風通しのよい住まいづくりに役立てます。敷地ごとの風の流れをつかみ、自然の風が通るための開口計画を考えます。

心なごむ緑の邸宅づくりのお手伝い。

心なごむ緑の邸宅づくりのイメージ

緑は住まいづくりの大切な要素。周辺に共通する樹種はあるか、敷地内の樹木はそのまま活かすか移植するか、さらに目隠しのための樹木やシンボルツリーが必要か、などを環境調査から判断します。

庭づくりも考慮した住まいづくりのために

庭のイメージ

三井ホームでは、周辺環境調査による敷地の日照や通風を踏まえ、前庭(ガーデン)のみならず、くつろぎやもてなしのための庭(コート)や物干しスペースなどのバックヤード、さらにデッキスペースなどをトータルにご提案します。

クルマの最適ない”居場所”を見つけます。

駐車スペースのイメージ

駐車スペースをどこに設定するかは計画を左右する大きな問題です。縦列か並列か、ビルトインにするか、来客用の車寄せを設けるかなど、その方法もさまざま。最適な方法を見つけるためにも、道路からの進入方向など、敷地周辺の調査が欠かせません。

プライバシーを守るのも大きな役割。

浴室の窓を開けるとお隣のリビングが見えたり、洗濯物を干すのに通りからの視線が気になったり。三井ホームではこんなことがないように、周辺の建物はもちろん、隣近所の窓の位置などを事前に確認します。

住まいに十分な明るさを確保します。

環境の肯定差

計画地の南側に大きな建物がある、計画地が都市の密集地である場合など、一般的なプランでは十分な採光が得られない場合があります。周辺環境を把握することで、建物の配置はもちろん、トップライトや吹き抜けの設置、中庭などのご提案が可能になります。

じつは重要な「音」の問題。

周辺の工場や道路からの騒音はもちろん、犬の鳴き声、お隣のクルマの出し入れなど、大きなものから小さなものまで、通りには音があふれています。三井ホームでは、周辺環境調査を踏まえて、周囲の音まで配慮したプランをご提案いたします。

お隣やお向かいから発生するニオイも大事な要素。三井ホームではご近所の台所やトイレ、換気扇の位置もチェックして、周囲のニオイに配慮したプランをご提案いたします。

建築地の周辺環境も考慮した住宅設計のために
周辺環境調査も含めた敷地調査をおすすめします。

三井ホームの特徴

海外で進める帰国後の家づくり

別荘・リゾートハウスを建てる

三井ホームのグループ総合力

TOPへ