1. 三井ホームトップ >
  2. 三井ホームの家づくり >
  3. 海外で進める帰国後の家づくり
  4. 実例紹介

海外で進める帰国後の家づくり 海外にいる間に進めませんか。帰国後すぐに住める家づくり。

  • ハウジング・プロセス
  • 実例紹介
  • 設計コンサルタント
  • インテリアコーディネーター
  • Q&A
転勤先のアメリカで家づくりを計画し、思い通りの住まいを日本で実現 広島県 B様邸
写真:内観
写真:外観
写真:内観
写真:内観
道行く人が思わず足を止めるような、サイディングを施した六角形の外壁。レンガアーチのエントランスが特徴の外観デザイン。街並みの中でもひときわ目立つ美しい佇まいが、B様ご一家のお住まいです。家を建てる際のイメージとなったのは、ご主人の赴任先だったアメリカ・ニューオーリンズで6年間暮らしていた住宅。「空調システムや断熱材のおかげでしょうか、冬でもトイレやバスルームが寒いということはなく、家中どの部屋も快適な温度で過ごせる点がいいなと思いました。プライベートな空間とパブリックスペースが明確に分かれている設計は、日本の住まいにはない考え方でぜひ採り入れたかったんです」新居をご計画されたのは、帰国の半年前。お子様の学校のことを第一に考え、帰国前の家づくりを計画されました。
「相手の顔が見えず、電話とFAXのやりとりでしたから、要望をいかに伝えるかで苦心しましたね。当時住んでいたアメリカの家を再現したいというこだわりがありましたから。数社とお話をしましたが、三井ホームが一番話がスムーズに伝わりました。雑誌の切り抜きを送ってイメージを伝えると、すぐに具体的な図面が送られてきて、レスポンスもとても早かったですね。実際、50坪の敷地では難しいようなたくさんの要望がほぼ全部収まっているのには感心しました」と当時を振り返る奥様。リビングの窓辺に沿って設けられたべンチはこだわった部分のひとつ。座ったときの背もたれの角度も細かく考慮され、とてもきれいに仕上がっています。訪れるお客様の評判も良く、思い通りの住まいを実現したB様ご一家。アメリカ同様の快適な暮らしにご満足されているご様子です。


カタログでは他にも帰国後の家づくりの実例をご紹介しています。お気軽にお申し込みください。 カタログ請求
海外で進める「帰国後の家づくりガイド」イメージ


三井ホームの家づくり

海外で進める帰国後の家づくり

別荘・リゾートハウスを建てる

三井ホームのグループ総合力

TOPへ