1. 三井ホームトップ >
  2. 三井ホームの家づくり >
  3. 海外で進める帰国後の家づくり
  4. インテリアコーディネーター

海外で進める帰国後の家づくり 海外にいる間に進めませんか。帰国後すぐに住める家づくり。

  • ハウジング・プロセス
  • 実例紹介
  • 設計コンサルタント
  • インテリアコーディネーター
  • Q&A
インテリアコーディネータ 石橋とみ子
stuff interview
インテリアコーディネータ 石橋とみ子
家づくりの想いを具体化するお手伝い
帰国後の家づくりでは、海外と日本の暮らしの違いを考える必要があります。海外の住宅では隣地との距離もありますから日本のように隣家の視線を気にすることなく、インテリアデザインとして窓を演出したり、通りを歩く人のためにきれいに飾ったり、といった楽しみ方をしています。さらに、日本の食事では食べることそのものを楽しむのに対し、人を招く機会の多い欧米では食べながら会話を楽しむわけで、そうした生活習慣の違いが住宅の空間づくりにも現れているのです。欧米の家づくりにみられる「enjoylife」という精神は「住むためのハウスではなく、暮らすためのホームをつくる」という三井ホームの家づくりにも通じる考え方です。その考え方のもとに、お客様がイメージしているものや雰囲気、言葉で表現するのが難しい家づくりの想いを具現化することが、私たちの仕事です。
暮らしの場づくりコンサルティング
日本では敷地の広さの問題があり、建物自体や家具類のスケール感も違いますから、海外のライフスタイルをすべて採り入れるというのは難しいかもしれません。ただ、生活を楽しむということは、外観云々よりも空間をどれだけ自分たちの望んでいるスペースにできるかということです。ですから、快適な空間づくりのために優先順位を決めつつ、お客さまがこれからの暮らしを日本でどのように営んでいくかを理解し、専門知識を生かして提案していくこと、つまり、暮らしの場づくりのコンサルティングが私たちの役割です。たとえば、日本では海外と気候風土が異なり、食べ物や調理方法も違ってきますので、衣食にかかわる収納スペースも考慮しなくてはなりません。また、インテリアの重要なファクターである色についても、日本人の肌の色や、太陽光線の違いなどを考慮しながら適切にアドバイスいたします。
長く住み続けていただくために
家は、ずっと愛着をもって住み続けていくものですから、三井ホームは長く住み続けられる飽きのこない家づくりを目指しています。たとえば、加齢を考慮し、段差、通路幅、水廻りへのアクセス、使い勝手などに配慮。長く暮らせる快適な空間とは、見栄えだけでなく、五感を満たすようにつくっていかなくてはなりません。それにはまず、お客さまの価値観を理解するようにしています。家づくりには、つくり手と住まい手お互いの感性と価値観が一致することが大切なんです。

三井ホームの家づくり

海外で進める帰国後の家づくり

別荘・リゾートハウスを建てる

三井ホームのグループ総合力

TOPへ