“キッチンの赤”から始まったS様邸のインテリアコーディネートは、ガラスやステンレスなどモダンで硬質な素材をふんだんに使いながらも、フローリングやサッシなど、優しい木質素材との絶妙なコラボレーションで、冷たさを感じさせない心地よい空間にまとまっています。

「今はモダンでスタイリッシュな素材や家具もたくさんあり、何をどう選ぶかが難しいですね。一つひとつは素敵でも、全体のバランスはどうか。お住まいが完成した時の空間とS様の生活スタイルを想像しながら、こだわりのテイストがポイントとして映えるように工夫しました。」

また、キッチンの“元気な赤”に対し、寝室はブルーを基調にやすらぎ感を演出。さらに照明の使い方にもこだわり、さまざまな生活シーンで明るさを自在にかえられるよう工夫されています。じっくり時間をかけてS様の思いをくみ取り、信頼してもらったからこそ生まれた上質なインテリア空間。「デザイン力も大事、知識も重要、でもいちばん大切なのはお客様からの信頼を得ること。その基本があってこそ、住む人に喜んでもらえるインテリアが完成するのだと思います」と日野は語ります。
インテリアコーディネーター 日野 睦子
インテリアコーディネーターTOP
トップページへ プライバシーステートメント
 
Copyright(C) 1997- MITSUIHOME CO.,LTD. All rights reserved.
実例紹介