東京都の閑静な新興住宅地に、オフホワイトの爽やかな色調ながら斬新なデザインで目を引くN様邸。家づくりは2回目というN様ご夫妻は、とにかくシンプルでセンスのいい家にしたいという思いに妥協せず、すべてにこだわられました。

青柳は、雑貨店やインテリアショップ巡りが趣味であるご夫妻が、それぞれの空間に置く家具や小物のイメージがすでにできていることを感じ取り、“あまりつくり過ぎない空間”というシンプルだけれど、きめ細かなアイデアをそそいだ上質な空間を心掛けました。

まず、空間の色合いを抑えるために壁紙を白に統一し、質感の異なる2種類を選ぶことで豊かな表情を演出。照明器具も、照明が主役となる1階の和室やダイニング以外は、あまり存在感がなく陰影で遊べる間接照明を中心に採用。そうすることで、家具やオブジェをいっそう引き立たせました。

青柳が提案をするときに大切にしていることは、要望をそのまま受け入れるだけではなく、プロの目から見てよりよい方向へと導くことと、自分の提案をお客様が気に入っているかいないかを素早くキャッチすること。
「お客様の好きなもの、嫌いなものを把握した上で、住む人らしさを最大限に引き出し、イメージがバラバラにならないように調整していくことが私の役目」と青柳は語ります。
インテリアコーディネーター 青柳 裕美
インテリアコーディネーターTOP
トップページへ プライバシーステートメント
 
Copyright(C) 1997- MITSUIHOME CO.,LTD. All rights reserved.
実例紹介