GOOD DESIGN AWARD 2015

2015年度
グッドデザイン賞 受賞

デザインを通じて産業や生活文化を高める運動
として知られる、グッドデザイン賞。
三井ホームでは2012~2014年度に引き続き、
2015年度もグッドデザイン賞を受賞しました。

VAX

三井ホームの次世代制震装置
東西・南北各方向に1基ずつ設置するだけで優れた制震効果が得られる。

2階の床の揺れ幅を最大80%低減、従来の制震装置に比べて
8倍以上の地震エネルギー吸収性能を発揮

VAXは三井ホームのプレミアム・モノコック構法と組み合わせることによって、一般的な2×4工法の建物(耐震等級1相当)
と比べ、2階床の揺れ幅を最大80%低減し、しかも速やかに揺れを収束します。東日本大震災の余震は震度6以上が数回、
震度4以上が300回以上にも及びましたが、こうした強烈な余震に対しても永続的に効果を発揮します。なお、VAXの地震
エネルギー吸収性能は、2×4工法他社が採用した市販の制震装置1基当たりのデータと比較して8倍以上に相当します。
(三井ホーム調べ)


制震ダンパーの粘弾性ゴムダンパーが変形して地震エネルギー
を吸収。熱エネルギーに変換することで効果的に揺れを抑えます。

東西・南北各方向に1基ずつ設置
するだけで制震効果を発揮する、
かつてない設計の自由度
VAXは東西、南北各方向に1基ずつ設置し、かつ建物のいかなる位置に設置しても制震効果が発揮できる、設計対応力の高いシステムです。制震装置を水平せん断型にしたことで1基当たりの大きな地震エネルギー吸収性能が得られ、設計の自由度を飛躍的に高めることができました。

小さな揺れでも制震効果が発揮
できるアクリルゴム製制震ダンパー
代表的な制震ダンパーには金属系、オイルダンパー系などがありますが、金属系は繰り返しの変形による金属疲労を起こすこと、また震度4程度までの小さな揺れには対応しないことが知られています。一方オイルダンパー系はオイル漏れなど装置の維持管理に注意が必要です。これらの課題をクリアするため、三井ホームはアクリルゴム製を採用しました。疲労破断がなく、しかも小さな揺れから制震効果が発揮できる製品設計としています。

PREMIUM MONOCOQUE + VAX

構造躯体の「安全」に制震デバイス「安心」をプラス。シェルターと呼ぶに相応しい堅牢さをお届けします。

倒壊せず、揺れにも強い「安全」性能 重量鉄骨3階建よりも揺れが小さい「安心」性能

詳しくはこちら

2014年度の受賞対象

プレミアム・モノコック構法

壁・床・天井の6面体を1単位として空間をつく
る「枠組壁工法」に、三井ホームオリジナル技術を
加えた、従来工法をはるかに凌ぐ、最新構法です。

プレミアム・モノコック構法

スマートブリーズ

超高気密、高断熱の構造躯体により、空調馬力の
ダウンサイジングを実現した、健康で快適な住空
間を提供する健康空調システムです。

スマートブリーズ

ミュート55

優れた振動吸収性能をもつ制震パッドで歩行音
を大幅に軽減する、RC造と同等、木造最高水準
の遮音性能を実現した床遮音システムです。

ミュート55

2013年度の受賞対象

BSウォール工法

日本の伝統的な左官技術と現代の最新技術を融
合し、独自の開発部材により実現した画期的なオ
リジナル湿式外壁工法です。

BSウォール工法

Gフレーム構法

枠組壁工法と梁勝ち集成材ラーメンとを融合さ
せ、壁の配置にとらわれない自由な空間設計や
大開口を可能とする新しい構法です。

Gフレーム構法

2×4(ツーバイフォー)
木造耐火建築工法(5階建)

耐火構造が可能となった枠組壁工法の特徴を活
かし、都心狭小地(防火地域)において敷地を最
大限に活用でき、かつコストも抑えることが可能な
工法です。

2×4(ツーバイフォー)木造

2012年度の受賞対象

G-WALL構法

木造(枠組壁工法)住宅の耐力壁の強度を従来
の2倍以上に高めることで、建物の耐震性と可変
性を飛躍的に向上させると同時に、厚い外周壁
により高い省エネルギー性能も両立させた進化
したオリジナル構法です。

G-WALL構法

サンキュート

従来の太陽熱利用機器で課題となっていた意匠
性を、屋根一体型とすることで大幅に改善した太
陽熱給湯システムです。

サンキュート

開業まるごとクリニック

土地所有者とJA三井リースとで事業用定期借地
権を設定し、JA三井リースが所有する診療所に、
医師は定期借家契約にて入居し開業を行うシス
テムです。

開業まるごとクリニック

  • 三井ホームTOP
  • テクノロジーTOP
  • 技術カタログ一覧

TOPへ