1. 三井ホームトップ >
  2. 会社情報 >
  3. 環境・社会活動 >
  4. 木資源の活用

木資源の活用

生産時のエネルギー消費が少なく、炭素を固定し続け、地球規模で豊かな生態系、地域社会を維持する持続可能な森林資源を最大限活用し、地球環境負荷を低減します。

資源調達

中期目標(2016年)

持続可能な森林資源の調達を目指します。

  • 合法性、持続可能性に関する社内調達基準達成率100%

資源調達 活動報告

第一推進部会(資源調達)担当者の声

「木」を住宅の構造材として扱う企業として合法かつ持続可能な木資源の調達の徹底を図るため、「資材調達ガイドライン」に基づく調達を推進し、資材調達における合法性・持続可能性の向上と、信頼性やトレーサビリティの継続的な確保のため、取引先との情報の共有化を図ってまいります。

資源の有効活用

中期目標(2016年)

産業廃棄物のゼロエミッション化を目指します。

  • 住宅のライフサイクルにおけるゼロエミッション化達成率100%

資源の有効活用 活動報告

第二推進部会(資源の有効活用)担当者の声

住宅のライフサイクルを通したゼロエミッション化を推進・達成するには、産業廃棄物量の削減と、産業廃棄物のリサイクルが課題となります。廃棄物による地球環境への負荷を減らすためにも資源の有効活用と現場が主導する廃棄物の徹底した分別による再資源化(リサイクル)に取り組み、廃棄物の削減(ゼロエミッション達成)に向け努めています。